下肢静脈瘤のすべて

下肢静脈瘤についてご紹介いたします。

下肢静脈瘤とは

そもそも血管にこぶができるという下肢静脈瘤という病気について基本的な知識を解説します。

「下肢静脈瘤とは」について詳しくはこちら>>

代表的な症状

血管が浮き出る他に、むくみ、だるさ、こむら返りなど下肢静脈瘤の症状はいろいろあります。

「代表的な症状」について詳しくはこちら>>

4つの種類

下肢静脈瘤には伏在静脈瘤、側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤の4タイプがあります。

「4つの種類」について詳しくはこちら>>

発症する原因・なりやすい人

下肢静脈瘤になりやすい人は一体どんな人?原因と合わせて発症しやすい方の特徴をまとめました。

「発症する原因・なりやすい人」について詳しくはこちら>>

痛みの内容

下肢静脈瘤では、足の血管が痛んだり、眠れないほどの痛みを伴うこむら返りが症状として出ることがあります。

「痛みの内容」について詳しくはこちら>>

放置するとどうなるか

下肢静脈瘤を放置してしまうと症状はますます悪化。他の病気を引き起こすこともあります。

「放置するとどうなるか」について詳しくはこちら>>

予防方法

下肢静脈瘤の発症や悪化を予防するために、誰でも日常でできる予防方法をご紹介します。

「予防方法」について詳しくはこちら>>

診断・検査方法

下肢静脈瘤の診察は病院の何科で受ければいいの?検査の方法は?そんな疑問にお答えします。

「診断・検査方法」について詳しくはこちら>>

手術費用の目安

下肢静脈瘤の治療方法はいろいろ!手術をする場合費用はどのくらいかかるのでしょうか?確認してみましょう。

「手術費用の目安」について詳しくはこちら>>

下肢静脈瘤Q&A

下肢静脈瘤に関してよく寄せられる疑問を一問一答形式で解説します。疑問があったらまずこちらをチェック!

「下肢静脈瘤Q&A」について詳しくはこちら>>

深部静脈血栓症との関係

下肢静脈瘤になりやすい人は深部静脈血栓症になりやすいって本当!?2つの病気の関係を深掘り、解説します。

「深部静脈血栓症との関係」について詳しくはこちら>>

手術後の後遺症や合併症のリスクは?

手術でも治療できる下肢静脈瘤。心配なのは後遺症や合併症のことかもしれません。リスクについて解説します。

s

「手術後の後遺症や合併症のリスクは?」について詳しくはこちら>>

下肢静脈瘤の名医がいる大阪のクリニック5選

下肢静脈瘤に悩む女性

大阪で下肢静脈瘤の治療が受けられるクリニックを徹底調査しました。この病気は、ただちに生命にかかわるものではありませんが、放置しておくと徐々に悪化していき、そのままにしていても治りません。

「足の血管がコブのように浮き出てる」「血管が足の皮膚の下にクモの巣のように広がっている」「ふくらはぎが重い・足がつることが多い」といった症状がある人は、下肢静脈瘤の可能性があります。早めに専門クリニックで診察してもらいましょう。

今回、大阪にあるクリニックを12院リサーチして、下肢静脈瘤の治療実績が豊富で、担当する医師に高い専門性があるかということに着目。さらに、通院のしやすさも考慮して5院を厳選して紹介しています。

その1梅田血管外科クリニック

梅田血管外科クリニックのサイト画像
梅田血管外科クリニック公式サイト
下肢静脈瘤の治療実績★★★★★
2013年9月開院ながら、1,000件以上もの下肢静脈瘤の治療実績がある。2014年の治療は650件以上にものぼり、外来の数が多いため、診療予約が少し先になってしまうこともしばしば。
院長は、梅田血管外科クリニック以外の病院で、年間40~50例の大動脈瘤治療もしている。治療方法は、体への負担が少なく保険適用となる高周波およびレーザー治療がメイン。
医師の専門性★★★★★
梅田血管外科クリニック・古林院長の画像古林圭一院長は、大阪府三島救命救急センターや城山病院で、血管外科の専門医として経験を積む。心臓手術や大動脈瘤、大動脈解離といった大血管手術から、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患に対する治療を、カテーテル治療を交えて手術を行ってきた。まさに血管治療の名医と呼べる医師。血管内レーザー治療の実施医・指導医でもありながら、物腰がやわらかく気軽に相談できる存在として、患者からの評判も高い。

専門医
日本脈管学会脈管専門医/日本循環器学会専門医/日本外科学会専門医/腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医/胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医/血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
立地・アクセス・診療時間★★★★☆
大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5F
北新地駅 徒歩4分/東梅田駅 徒歩5分/梅田駅 徒歩5分
9:00~13:00(水曜は12:00まで)/14:00~17:00

その2ラジオロジークリニック扇町

ラジオロジークリニック扇町のサイト画像
ラジオロジークリニック扇町公式サイト
下肢静脈瘤の治療実績★★★★☆

2007年に下肢静脈瘤の診療をはじめてから、すでに400肢以上の焼灼術(レーザー治療)の実績がある。
ストリッピング手術や硬化療法なども採用していて、様々な症状の患者に適切な治療を施している。
医師の専門性★★★★☆
ラジオロジークリニック扇町・宮本院長の画像宮本信一院長は、国内外の病院で経験を積み、結紮術や硬化療法も数多く手がけてきた。専門は放射線科だが、放射線科医は血管内治療のエキスパートでもある。血管内カテーテル操作や、超音波を利用した穿刺法などの修練を受けている。

専門医
日本放射線学会認定医/マンモグラフィ読影認定医/日本脈管学会脈管専門医/血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
立地・アクセス・診療時間★★★★★
大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル2F
東梅田駅 徒歩4分/扇町駅 徒歩5分
9:00~19:00(土曜は9:00~17:00)

その3湘南メディカルクリニック大阪院

湘南メディカルクリニック	大阪院のサイト画像
湘南メディカルクリニック公式サイト
下肢静脈瘤の治療実績★★★★☆
2012年9月からの3年間で、大阪院は1000件を超える実績がある。SBC(湘南メディカルクリニック)グループ全体で下肢静脈瘤の治療にあたっている。
医師の専門性★★★☆☆
湘南メディカルクリニック大阪院・西川院長の画像西川大陸院長は、2005年に医師となり、心臓血管外科医として従事してきた。そのなかで、下肢静脈瘤の患者にふれることが多く、ひとりでも多くの人に病気を知って治療してもらいたいという想いから、下肢静脈瘤の医師に。大阪をはじめ、各地で説明会を実施するなど、積極的な活動をしているのが印象的である。

専門医
日本血管外科学会会員/日本心臓血管外科学会会員/血管内レーザー焼灼術実施医/胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医/腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医
立地・アクセス・診療時間★★★★★
大阪市北区曾根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル6F
大阪駅 徒歩5分
10:00~19:00

その4坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニックのサイト画像
坂田血管外科クリニック公式サイト
下肢静脈瘤の治療実績★★★★☆
従来より使われてきた、血管を引き抜くストリッピング手術は5000件を超えている。近年では、痛みや出血のリスクが少ない高周波・レーザーでの治療数も増えてきている。
医師の専門性★★★★★
坂田血管外科クリニック・坂田院長の画像坂田雅宏院長は、神戸労災病院や住友病院で15年ものあいだ、下肢静脈を専門に治療をしてきた。合併症も含め、あらゆる治療を経験したことから、下肢静脈瘤治療の専門クリニックを開院。静脈瘤治療の発展のために、治療結果などを学会で発表するなどしている。

専門医
脈管専門医/静脈学会評議員/近畿下肢静脈瘤研究会世話人/血管内レーザー焼灼術指導医
立地・アクセス・診療時間★★★☆☆
大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3階
北浜駅 徒歩1分
9:00~12:00/14:00~18:00

その5なんば坂本外科クリニック

なんば坂本外科クリニックのサイト画像
なんば坂本外科クリニック公式サイト
下肢静脈瘤の治療実績★★★☆☆
腸閉塞や急性虫垂炎など緊急を要する手術をはじめ、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤などの日帰り手術を数多く実施している。
医師の専門性★★★★☆
なんば坂本外科クリニック・坂本院長の画像坂本一喜院長は、平成8年に医師となり、岸和田徳洲会病院に入職。緊急性の高い手術と鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤の治療という3本の柱で患者のために努めてきた。そのなかで、下肢静脈瘤と鼠径ヘルニアの日帰り手術に特化した専門クリニックを開院し、より多くの人に医療を提供し続けている。

専門医
救急医専門医/内視鏡外科技術認定医/消化器がん外科治療認定医/血管内レーザー焼灼術実施医・指導医/脈管専門医
立地・アクセス・診療時間★★★★★
大阪市浪速区難波中1丁目10-4 南海野村ビル4F
なんば駅 徒歩3分/難波駅 徒歩3分
9:00~12:00/14:00~18:00

その他下肢静脈瘤の治療ができる病院

柿木外科クリニック(※閉院)

大阪心斎橋筋にある日帰りで下肢静脈瘤の手術が受けられるクリニック。下肢静脈瘤の日帰り手術症例だけでも5,000件以上。その他の治療を含めると10,000件以上の治療実績を持ち、なかでも四肢の循環障害の治療を得意としています。 院長先生が診察〜手術〜術後ケアまでしてくれるので、安心。院長先生は豊富な循環障害の治療実績を持つ名医です。 下肢静脈瘤の治療では、抜去切除術や硬化療法、高位結紮術などを実施しています。症状に合わせてどの治療法が適しているかをしっかりと検討し、治療にあたります。

「柿木外科クリニック」について詳しくはこちら>>

ラ・ヴィータ メディカルクリニック

下肢静脈瘤のレーザー治療を検討している方には嬉しい、日帰り手術に対応しているクリニックです。また、レーザー治療以外にもスリッピング術や静脈瘤に降下剤を注入する硬化療法、弾性ストッキングによる治療などを行なっています。クリニック名となっている「ラ・ヴィータ(=伊語:人生、生命)」の通り、体のバランスを整える治療が特徴。外科治療に加えて自然治癒力を高める統合医療に取り組んでいます。自然療法にも取り組んでいますので、興味のある方は色々聞いてみてもいいかもしれません。 大阪府守口市の太子橋今市駅や滝井駅からも徒歩数分と、非常にアクセスしやすい場所にあるクリニックです。

医師の専門性・実績など

専門医資格として、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・指導医に認定されているのが特徴です。
指導医に認定されているということは、それだけ高い知識と技術力を持っていることの証明だといえるでしょう。

下肢静脈瘤に関するセミナーなども行なっています。また、院長である森嶌淳友医師はヒーリングに関する分野での実績もあり、さまざまな角度から病気の診断や治療にアプローチすることができるのも特徴です。

サプリメントの開発を行なうなど、さまざまな形で不調の回復に力を貸してくれるので、気になることがあったら相談してみてはどうでしょうか。
専門医としての認定資格は他にもいろいろあり、高濃度ビタミンC点滴療法認定医や日本ホメオパシー医学会認定医など、数々な資格を取得しています。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「ラ・ヴィータ メディカルクリニック」について詳しくはこちら>>

山本クリニック

国内外で外科医として活躍してきた山本ドクターが院長を務める山本クリニックは、患者さんへの体の負担が少ない日帰りストリッピング手術や、硬化療法などの下肢静脈瘤治療が受けられる病院です。山本ドクターは学会誌への論文発表も行なうなど、学術分野でも高い実績を持つドクター。小切開静脈瘤切除stab avulsion法などにも取り組んでいるため、治療の選択肢が多いのも特長です。また、忙しい方には嬉しい待ち時間の短縮や診療の効率化にも取り組んでいます。大阪市東住吉区エリアで名医のいるクリニックを探しているなら検討してみてもいいのではないでしょうか。

医師の専門性・実績など

実績数が豊富な医師なので、安心してお任せできます。下肢静脈瘤の日帰り手術も得意としていて、従来のすべて原因を取り去るストリッピングという手術方法ではなく、できるだけ小さな傷で静脈瘤を抜き取る治療方法を行なっているのが特徴です。

平成29年度に関して下肢静脈瘤手術の経験は、87例もの日帰り内翻式stripping手術実績があります。28年度は同じく87例、27年度は81例、26年度は68例、25年度は74例といったように、毎年安定して手術をしてきた実績があります。

ホームページ上には、平成18年からの実績数が掲載されているので、より詳しく知りたいと感じている方はそちらもチェックしてみてはどうでしょうか。
やはり、実績数が豊富なところに依頼した方が信頼度は高いです。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「山本クリニック」について詳しくはこちら>>

島野医院

大阪市西区の地下鉄「西長堀駅」「桜川駅」から徒歩約3分の場所にある島野医院は最新の検査機器なども揃う病院です。地域のかかりつけ医としての役割を果たすことをモットーに掲げ、下肢静脈瘤の治療以外にも女性疾患や風などの疾患にも対応しています。また、リハビリ専門スタッフが在籍していますので術後や治療中のリハビリテーションも同病院で受けられて便利。 下肢静脈瘤に関しては、日帰り手術のほか、硬化療法や弾性ストッキングによる治療にも取り組んでいます。下肢静脈瘤以外でもいろいろ相談できますので、全身状態を把握してくれている、頼れるかかりつけ医を探している方にもオススメです。

医師の専門性・実績など

2009年に開院し、これまでたくさんの実績を積み重ねてきています。院長である島野直人医師は関西医科大学卒業を卒業し、日本外科学会や日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本臨床外科学会、日本胃癌学会、日本大腸肛門病学会などの学会に所属している方です。

また、日本外科学会認定外科専門医、日本医師会認定学校医などの資格も取得していて、非常に実力のある医師だといえるでしょう。
院長が担当してくれるので、気になることがあれば気軽に相談しやすいでしょう。

過去には新聞記事に取り上げられたこともあり、ここを信頼して通っている患者さんも多いです。
口コミでの評判が良いのも特徴だといえます。
実際にこちらで治療を受けて問題が解決し、納得している方がたくさんいるので、実績を重視してクリニック選びをしたいと思っている方でも納得できるでしょう。

口コミ

「院内はとても清潔感があり、安心して話を聞くことができました。予約してから行けば良かったのですがかなり混み合っていて、それでも1時間程度で診察が受けられたのでよかったです。受付のスタッフさんも丁寧で安心できます。」

「症状について細かく聞いてくれて、現在の状態などについてもわかりやすいように説明してもらえました。こちらの話を聞く姿勢が整っていると感じたので、また何かあった時には相談に行きたいと思っています。」

「とにかくいろいろな年代の患者さんがいました。受付の方はとても慣れているような感じで、一人ひとりに対して丁寧に接しているのが印象的です。おばさんや子連れの赤ちゃんにも声掛けをしていたので、良い病院だと感じました。」

「島野医院」について詳しくはこちら>>

多根総合病院

平成10年に24時間のサポート体制を整えた日帰り手術専門のセンターを開設している多根総合病院。大阪市西区の京セラドーム大阪西側に位置しています。下肢静脈瘤の治療にあたっては、日帰り手術を先ほどご紹介したセンターで実施。日帰り手術にあたっては、事前に外来診療や検査をしたのち、手術日を決定します。日帰りではなく1泊入院を希望すれば、入院にも対応してもらえます。日帰り手術センターで治療を受けた患者さんに同病院が行なったアンケートでは、9割以上の方から「全体を通して満足」との回答が寄せられているそうです。

医師の専門性・実績など

部分的に静脈を抜去する選択的抜去法や静脈瘤に硬化剤を注入する硬化療法、静脈瘤を縛る結紮(けっさつ)術といったもの組み合わせた治療を行なっています。
丁寧な診察を行なっているのも特徴で、診察時には太ももから足先までしっかりと血流チェックをしてくれるのです。

術後の患者さんにアンケートを取っているそうなのですが、約7割の患者さんは「ほとんど痛みがなかった」と答えているそうなので、痛みが不安でなかなか治療に踏み切れない方も相談してみてはどうでしょうか。
「日帰り手術センター」というものが用意されていて、下肢静脈瘤の治療はこちらで行なっています。

2017年の実績を見てみると66件と多いので、安心ですね。担当は院長ではなく、外科医長である山口拓也医師です。
より良い手術を行なうために研究会や学術総会といったものに参加しながら知識と経験を磨いています。

口コミ

「スタッフさんや先生がみんな笑顔なので、緊張も和らぎました。とても話しやすい先生で笑わせてくれます。足を運びやすい位置にあるのが魅力ではありますが、少し待ち時間が長いかもしれません。ただ、信頼できる診察です。」

「診察を受ける前に看護師の方と話をしてこれまでの症状などについて詳しく聞かれました。ヒアリングがとても丁寧だったので、質問もしやすいと思います。案内の係りの方がスムーズに誘導してくれるので、初めて行く人でも安心です。」

「スタッフの間で連携が取れている病院だと思います。とても迅速に対応してもらえただけでなく、担当していただいた医師の説明も非常にわかりやすかったです。手術の不安も和らげてくれるような対応だったので、安心できました。」

「多根総合病院」について詳しくはこちら>>

葛城病院

下肢静脈瘤の治療を専門で行なう「下肢静脈瘤治療センター」に加えて「脊椎外科センター」「内視鏡センター」「関節外科センター」などを有している大病院です。下肢静脈瘤治療センターでは、体への負担が少ない最新の血管内治療用半導体レーザー装置ELVeSレーザーを使った静脈血管内レーザー治療術などを実施。レーザー治療は治療時間も片足30分ほどなので、日帰りで治療を受けることも可能です。豊富な治療実績がありますので、質の高い治療を受けたい方。治療を受けたいなら大きな病院が安心という方にはオススメと言えるでしょう。

医師の専門性・実績など

センターとして下肢静脈瘤治療センターが用意されていることからも専門性の高さがわかります。
過去には市民健康講座として地域住民の方に対し、無料で下肢静脈瘤のセミナーを行なったこともあります。
下肢静脈瘤手術に関する治療は、主にレーザーによる下肢静脈瘤治療を行なっているので、相談してみてはどうでしょうか。

口コミ

「建物も清潔感が溢れていて、トイレもキレイでした。足を運んだ時間はたまたま人が少ない時間帯だったのか、それほど人がいなかったのでスムーズに進んで良かったです。先生の対応についても納得のいくものでした。」

「先生の話がとてもわかりやすいのが魅力だと思います。回りくどい話し方などをせず、こちらが理解しやすいように説明してくれるので、不安に感じることなく、こちらでの治療について検討することができました。」

「医師やスタッフなど、とにかく丁寧に対応してくれるのが魅力です。他の患者さんへの対応も見ていましたが、お年寄りにもとても優しくしている印象です。待ち時間もほとんどなく、すぐに診察を受けることができました。」

「葛城病院」について詳しくはこちら>>

大間知クリニック

下肢静脈瘤の治療だけでなく、幅広い診療科がある大間知クリニック。院長を務める大間ドクターは下肢静脈瘤の外科手術や硬化療法に精力的に取り組む経験値の高いドクターです。同クリニックで実施している治療はストリッピング手術のほか、高位結紮手術や硬化療法など。治療を受けた患者さんからは「先生が親切」「日曜日の診察もしてもらえて便利」「手術実績が多いので安心」などの声が寄せられています。硬化療法であれば、入院不要。外来のみでの治療も可能です。東大阪市で下肢静脈瘤の治療実績が豊富な病院を探しているならぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

医師の専門性・実績など

治療では精力的に外科的手術、硬化療法を行なっています。硬化療法なら入院は不要となっているので、日帰りでの手術を検討している方も相談してみましょう。
医学博士でもある院長は平成9年に大間知クリニックを開院し、日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器外科学会認定医、麻酔科標榜医などの学会認定を受けています。

年間の手術実績は下肢静脈瘤以外の治療についてもすべて含めると約1,000件となっていて、メディア掲載実績も非常に豊富です。
メディアは評価されているクリニックや医師を取り上げるわけなので、このあたりも大間知クリニックの魅力だといえます。

特に得意としているのは大腸肛門疾患となっていますが、一人ひとりの患者にとってベストな提案をしてくれるそうなので、気になることがあれば相談してみましょう。また、ここで施術を受けた人からの紹介で多数の患者さんが来院しています。

これは、満足度の高さがあるからこそといえるでしょう。

口コミ

「先生はもちろん、看護師の方の対応もとても丁寧でした。院内も清潔感に溢れていて、感心して通えるクリニックだと思います。なんといっても午前中だけではありますか日曜日も診療を行なっているのが嬉しいですね。予定も付けやすいです。」

「とても人気のあるクリニックのようで、日中は多くの患者さんで混雑しています。ただ、案内自体はスムーズにしてもらえるので、あまり待ち時間を取らせないための工夫がしっかりとされているんだなと感じました。」

「キレイなクリニックです。待合室は混雑していますが、待ってでも説明を受ける価値のある医師だと思いました。症状や治療に関して明確に伝えてくれるので、自分の状態をよく理解し、治療について判断できて良かったです。」

「大間知クリニック」について詳しくはこちら>>

江坂下肢静脈瘤クリニック

日帰りで治療できる高周波治療も実施している江坂下肢静脈瘤クリニック。クリニック名からも分かる通り、下肢静脈瘤の治療を専門としています。院長先生の小野眞ドクターは、下肢静脈瘤血管内焼灼術の実施医・指導医であるとともに、日本循環器学会や日本外科学会、脈管の専門医でもあります。外来時には予約優先となっているため、受診を希望するなら予約がオススメ。高周波治療は、最短で診察の翌日に受けられるなどスムーズな治療も魅力です。高周波治療に加えて、硬化療法なども実施しています。吹田市の大阪メトロ「江坂駅」から徒歩約3分とアクセスしやすい立地です。

医師の専門性・実績など

クリニックの名前からも専門性の高さがわかります。
もしかしたら下肢静脈瘤かも?といった疑いを持っている方も専門的な診断と治療ができる江坂下肢静脈瘤クリニックに足を運んでみましょう。

セミナーも定期的に開催していて、参加費無料で下肢静脈瘤に関する正しい知識と早期治療のお手伝いをしています。
専門性の高いクリニックということもあり、ホームページでは下肢静脈瘤の治療についてかなり専門的に紹介されているので、知識を深めてから足を運びたいと思っている方でも納得できるのではないでしょうか。

院長の小野眞医師はこれまでに華やかな勤務歴を持っていて、第二岡本総合病院 心臓血管外科 部長、川崎幸病院 心臓血管外科・大動脈センター、千春会病院 心臓血管外科 部長といった実績があります。

丁寧なカウンセリングが受けられるので、不安を感じている方でも安心です。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「江坂下肢静脈瘤クリニック」について詳しくはこちら>>

まつい血管内科静脈瘤クリニック

高槻駅北口を出てすぐの場所にあるまつい血管内科静脈瘤クリニックは、下肢静脈瘤血管内焼灼術の指導医資格も持つ血管内科の専門医、松井ドクターが院長を務めています。明るく清潔感のある院内には、下肢静脈瘤専門の手術室も完備。下肢静脈瘤血管内治療レーザーや超音波診断装置、血圧脈波検査装置などの機器も揃っています。同クリニックで実施している下肢静脈瘤の治療は、弾性ストッキングを使った圧迫療法や血管内レーザー治療のほか、ストリッピング手術や静脈瘤切除術、硬化療法など多彩。超音波検査などでしっかりと血管の状態を調べた上で治療がスタートします。

医師の専門性・実績など

資格・所属学会としては、ほかにも日本IVR学会 専門医、日本医学放射線学会 診断専門医、日本静脈学会会員といったといったものがあります。
下肢静脈瘤は人によって症状が大きく変わることもあるため、もしかしたらと疑ったら気軽に相談してほしいとのことです。

予約優先となっているため、事前に予約を済ませておきましょう。院長である松井広登医師は、もともと放射線科の出身です。
ですが、実際に自分の目で下肢静脈瘤の血管内焼灼術の治療効果を目の当たりにし、やりがいを感じたことによって下肢静脈瘤を含めた静脈瘤を専門として医師としての道をスタートしたとのことです。

専門医だからこそ他では取り扱っていないような専門的な治療機器もありますし、効果的な治療が受けられるともいえるでしょう。
もちろん、疑問や質問を解決するためのカウンセリングも丁寧に行なわれています。不安なことがあれば、直接話を聞いてみると問題解決に繋がるでしょう。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「まつい血管内科静脈瘤クリニック」について詳しくはこちら>>

堺下肢静脈瘤クリニック

ウェブサイトからも気軽に診療予約ができる堺下肢静脈瘤クリニックは、下肢静脈瘤の市民セミナーでも院長先生が講師を務めるなど、病気や治療に関する啓蒙活動も積極的に行なっているクリニックです。心臓血管外科や日本脈管学会などの専門医、そして下肢静脈瘤血管内焼灼術の指導医資格も持つ林院長のもと、高周波治療や硬化療法、弾性ストッキングによる圧迫療法などで治療してもらえます。治療だけなく、弾性ストッキングの相談も気軽にできる雰囲気です。また、公式ブログでも頻繁に症例が紹介されており、ドクターの治療の様子が事前にチェックできる点も嬉しいところです。

医師の専門性・実績など

専門医としての資格も持っているため、そうでない医師に比べるとより専門的な治療を提案してもらうことができます。
なお、予約優先となっているので事前に予約を済ませておきましょう。

高周波治療は身体に優しい治療としてできるだけ負担を抑えることができますし、症状が中等度まで悪化してしまった場合も硬化療法によりデメリットのない治療ができます。

具体的にどれくらいの費用がかかるのかについてもホームページ上ではっきりと明記されているので、検討しやすいのではないでしょうか。
また、リスクや心配される合併症についてもしっかりと説明してもらうことができます。

リスクなどに関しても細かくチェックした上で検討したいと思っている方は専門的な説明や治療を行なってくれるクリニックを選ぶことが重要です。堺下肢静脈瘤クリニックなら、納得のいく治療が受けられるでしょう。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「堺下肢静脈瘤クリニック」について詳しくはこちら>>

枚方下肢静脈瘤スキンクリニック

患者さんが不安にならないように、院内環境や手術中の雰囲気づくりなどにも気を配って治療を行なってくれる枚方下肢静脈瘤スキンクリニック。血管外科医の専門医でもある院長先生が在籍する、2016年開院の新しいクリニックです。設備も新しく、治療実例も豊富なので、安心して治療を受けられます。また、近隣大学病院などとも連携しています。もちろん、高周波治療による日帰り手術にも対応。駅から近いクリニックなので、アクセスしやすさを重視している方にもおすすめです。インターネット上からも予約できます。

医師の専門性・実績など

専門医としての資格も持っているため、そうでない医師に比べるとより専門的な治療を提案してもらうことができます。
なお、予約優先となっているので事前に予約を済ませておきましょう。

高周波治療は身体に優しい治療としてできるだけ負担を抑えることができますし、症状が中等度まで悪化してしまった場合も硬化療法によりデメリットのない治療ができます。

具体的にどれくらいの費用がかかるのかについてもホームページ上ではっきりと明記されているので、検討しやすいのではないでしょうか。
また、リスクや心配される合併症についてもしっかりと説明してもらうことができます。

リスクなどに関しても細かくチェックした上で検討したいと思っている方は専門的な説明や治療を行なってくれるクリニックを選ぶことが重要です。堺下肢静脈瘤クリニックなら、納得のいく治療が受けられるでしょう。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「枚方下肢静脈瘤スキンクリニック」について詳しくはこちら>>

今村血管外科クリニック

2種類の波長1470nmのレーザー治療器や、高周波装置など最先端の医療機器も取り揃え、診療室、手術室、待合室に至るまで、院内のクオリティも良好です。

アクセスも良く、クリニックは京阪本線・大和田駅下車すぐの場所にあって、駐車場も近隣に確保しています。充実した環境の中で下肢静脈瘤の日帰り手術を受けたい方や、立地を重視する方におすすめです。

医師の専門性・実績など

下肢静脈瘤の日帰り手術を専門的に行う今村血管外科クリニックは、豊富な経験とスキルを持つ指導医と充実した設備の元、痛みが少なく体に負担の少ない治療を目指しています。

下肢静脈瘤治療が得意分野ですが、閉塞性動脈硬化症の診断・保存的治療も行っています。

口コミ

口コミは見つけられませんでした

「今村血管外科クリニック」について詳しくはこちら>>

下肢静脈瘤の治療法一覧

下肢静脈瘤の治療法は主に「圧迫療法」「硬化療法」「ストリッピング手術」「レーザー治療」「高周波治療」の5種類。

それぞれが大きく異なる特徴を持つ治療法となるため、クリニックによって得意とする治療法も変わってきます。

圧迫療法(弾性ソックス)

圧迫療法(弾性ソックス)下肢静脈瘤の症状改善法として、一般的に弾性ソックスを用いた圧迫療法が行われています。

ヒザ上まで包み込む、長い靴下のような構造を持つ弾性ソックス。見た目は市販のロングソックスにも似ていますが、あくまでも医療用であるため、適度の圧迫感が維持されるよう計算されて作られています。

圧迫療法が適しているのは、下肢静脈瘤の症状が軽度の場合。また、手術後の再発予防にも利用されることがあります。

低価格で行えるセルフケアとして、多くの方にとられる治療法です。

硬化療法

硬化療法硬化剤を患部に注射する治療法。静脈瘤を硬化させることで退化させ、やがて組織へ吸収させるという方法になります。手術痕も残らず、日帰り治療も可能。保険も効くため治療費は5,000円程度と、安価で受けることができます。

ただし、患部にたくさんの血栓ができてしまう可能性もあるため、太い静脈瘤には治療できません。いわば注射での一発勝負の治療法であることから、トラブルを避けるためにも経験豊富な医師に治療してもらうようにしましょう。

ストリッピング手術

ストリッピング手術静脈瘤を起こしている血管を、外科手術で引き抜いてしまう治療法。100年以上も前から採用されている治療法で、現在でも下肢静脈瘤治療のスタンダードとなっています。

軽度のものから大きな静脈瘤でも治療が可能。特に「伏在型静脈瘤」と呼ばれる、重度の下肢静脈瘤の治療には有効です。

全身麻酔や下半身麻酔が必要となるため、一般的な病院では数日の入院が必要。一部の病院では日帰り手術も対応しているとのことです。

レーザー治療

レーザー治療レーザー治療には「血管内レーザー焼灼術」「対外照射レーザー」の2種類があります。

「血管内レーザー焼灼術」とは、血管の中にレーザーファイバーを挿入し、患部となる静脈を焼く治療法。一方、「対外照射レーザー治療」とは、患部の外側からレーザーをあて、患部となる静脈を消滅させる方法になります。いずれも、患部の静脈を退化させ、体内に自然吸収させる治療法です。

レーザー治療は、傷口もほとんど残らず、患者の負担も少ないのが特徴。近年、最も注目されている方法です。

高周波治療

高周波治療高周波治療とは、血管にカテーテルを挿入し、患部となる静脈を高熱で焼く方法。レーザー治療はレーザー照射で焼くのに対し、高周波治療はカテーテル自体の熱で焼く、という違いがあります。

レーザー治療に比べる、処理にムラが少ないという長所があります。一方、治療を施した静脈の閉塞率は、レーザーに比べ低くなるという報告もあります。

患者への負担も少なく、日帰り治療も可能である点から、レーザー治療と並び、注目されている治療法のひとつです。

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

その発症率からも決して他人ごとではない、下肢静脈瘤。そもそもどういった病気であるのかを、徹底解説します。

下肢静脈瘤に関する基本をすべてこのカテゴリで押さえておきましょう。

下肢静脈瘤とは

静脈瘤とは、行き所のなくなった血液が滞留することにより起こる不具合のこと。中でも、足(下肢)の静脈血管で起こることが多いものを下肢静脈瘤と言います。

血管の中には弁(べん)という組織があり、足から心臓のほうへ向けて流されている血液が下へ逆流してしまわないように、フタの役割を担っています。

この弁がうまく機能しないことで、血液は下へ逆流。心臓に向けて流れる血液と合わさり、血液の停留する原因となるのです。

代表的な症状

下肢静脈瘤の代表的な症状は、足の血管が赤く浮き出てしまうというもの。枝分かれした形状やクモの巣状などを描き、足の静脈があらわになります。

外観上の問題からも「スカートが履けない」といった悩みを持つ女性が多く、そのほかにも「足が重い」、「足がつる」、「足がむくむ」、「潰瘍ができている」といった症状を伴うことも。

特に40歳以上の女性に多く見られ、年齢に比例し患者数が増えていくことも特徴のひとつです。

4つの種類

下肢静脈瘤は患部や外観の形状に応じて、4つの種類に分けられます。

足の先からヒザ付近までの伏在静脈にできる「大・小伏在静脈瘤」、伏在静脈から枝分かれするように伸びるものを「側枝静脈瘤」と呼びます。

また、皮膚のすぐ下の細かい静脈が赤く広がるもののうち、網目状のものを「網目状静脈瘤」、クモの巣状に広がったものを「クモの巣状静脈瘤」と言います。

発症する原因・なりやすい人

下肢静脈瘤の発症原因には様々なものがありますが、中でも代表的なものは加齢です。血管年齢が高くなることで、静脈弁も働きが弱まります。

また、男性よりも女性に多い症状であることからも、筋力や黄体ホルモンの影響が考えられます。その他、遺伝や身長、スポーツなど、様々な原因の存在が指摘されています。

現在、15歳以上の日本人の43%は、大小問わず静脈瘤を持つとの報告があります。

痛みの内容

下肢静脈瘤は、痛みを伴うことがあります。ただしこの場合、静脈瘤自体が痛むというよりも、静脈瘤の影響で生じた他の症状が痛むというのが正確。

こむら返り、つまり足がつることによる痛みが多く挙げられ、就寝中に足がつるなどの場合は、下肢静脈瘤の疑いがあります。

他にも、下肢静脈瘤の影響により、血管拡張や血管炎、浮腫(むくみ)などを発症した場合には、痛みを自覚することがあります。

放置するとどうなるか

下肢静脈瘤は、命に関わるような重篤な病気ではありません。日常では見られないその外観からも重大な疾患に思えますが、放置して命を落とすことはまずありません。

だからといって放置すれば、治療しても治りにくくなるなど症状の悪化は見られます。

特に、静脈瘤が原因の痛みの症状がある方は、日常生活に支障をきたす場合も。疑われる場合には、早期受診が望まれます。

予防方法

下肢静脈瘤は特別な人にだけ起こる症状ではなく、40歳以上の女性であればかなりの高い確率で発症する病気だと言われています。したがって、日頃からの予防ケアは非常に重要。中でも、ふくらはぎマッサージは有効です。

力を入れず、やさしくマッサージしてみてください。他にも、ウォーキングのような適度な運動、減塩・減油といった食事習慣の見直しも効果的です。

診断・検査方法

重病ではないものの、根絶しなければ再発・悪化をまねいてしまう下肢静脈瘤。だからこそ診療・治療は専門の血管外科、かつ経験豊富な医師に行ってもらうことが必須です。

血管外科では、問診や視診、触診、機器を使った専門的な検査を行っています。機器による検査方法は主に3種類。超音波を使って音で判断する「ドップラー血流系」、同じく超音波を使って画像で診断する「カラードップラー検査」、足を運動させて静脈の容積から診断する「容積静脈波検査」です。

手術費用の目安

下肢静脈瘤の治療は、外科手術となることも珍しくはありません。手術と言えば気になるのが治療費ですが、下肢静脈瘤治療のほとんどは保険が適用されます。よって、仰天するような治療費を請求されることは、まずありません。

こちらのページでは、治療法ごとにかかる費用をまとめました。大阪で下肢静脈瘤治療を受けるのであれば知っておきたい、クリニックごとの治療費例も要チェックです。

下肢静脈瘤Q&A

こちらでは、下肢静脈瘤の治療を検討している方のため、数多くの疑問にお答えします。

たとえば「手術じゃないと治らないのか」という疑問。同じ血管疾患である脳梗塞でさえ、軽度であれば内服薬で治る時代です。果たして下肢静脈瘤にも効く内服薬は、あるのでしょうか?

他にも、治療を考えるみなさんの素朴な悩みを解決すべく、分かりやすいQ&A形式でまとめました。

このサイトに掲載している情報は、2015年7月に調べた内容をもとにしています。下肢静脈瘤は生命にかかわる病気ではありませんが、放置しておくと徐々に悪化していき、そのままでは治ることはありません。血管にコブのようなものが出ているなど、下肢静脈瘤と思われる症状がある人は、早めに専門クリニックで相談をしてください。

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】