大阪で専門医が在籍する
下肢静脈瘤クリニック5

自分の足の状態によって、最適な治療方法は異なるため、下肢静脈瘤クリニックを選ぶ際には、対応できる治療の種類をチェックしてみましょう。

Clinic

梅田血管外科クリニック

梅田血管外科クリニック
引用元:梅田血管外科クリニック https://www.umeda-vvc.com/
梅田血管外科クリニックの治療の種類
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング手術
硬化療法
圧迫療法

梅田血管外科クリニックの
治療の詳細

グルー治療

血管内にカテーテルを挿入し、医療用の瞬間接着剤を注入して血管を閉じる治療法。2019年月12月から保険適用された治療法で、大阪で治療が受けられるのは梅田血管外科クリニックだけです(2020年3月時点)。

レーザー治療

2013年9月の開院当初から、下肢静脈瘤のレーザー治療を行う梅田血管外科クリニック。細いファイバーを血管に通して治療をするため、傷口が目立ちにくく、術後の回復も比較的スムーズです。

高周波治療

カテーテルという細い管の先端にある金属コイルに460kHzの高周波電流を流し、120℃の熱変性で血管壁を焼いて治療します。梅田血管外科クリニックでもっとも実施されている治療法です。

ストリッピング手術

鎮痛剤と局所麻酔を用いて脚の付け根を2cmほど切開し、大伏在静脈を根元で切断。さらに膝の内側を約1cm切開してストリッピングワイヤーという器具を通し、大伏在静脈を抜き取る方法です。

硬化療法

静脈血管内に硬化剤と呼ばれる薬剤を注入し、瘤のある静脈を閉塞させる治療法。ただし効果は一時的なものなので、カテーテル治療と併用するケースが多くなっています。

圧迫療法

伸縮性の強い医療用弾性ストッキングを着用し、血管を圧迫して足に血液がとどまるのを防ぐ方法。梅田血管外科クリニックでは、医師や弾性ストッキングコンダクターが適した種類を選びます。

Doctor

医師の情報 古林 圭一 院長

  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医・指導医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 植込み型除細動器(ICD) /ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医
古林圭一院長
引用元:梅田血管外科クリニック https://www.umeda-vvc.com/clinic/#a01

大阪医大付属病院、大阪府三島救命救急センター、医療法人春秋会城山病院で、血管外科としての経験を積んできたドクター。下肢静脈瘤の治療においても、豊富な経験とノウハウを活かした診療を行っています。

安全性が高いとされる高周波カテーテルを用いた下肢静脈瘤治療の提供に力を入れるほか、新しく保険適応された治療法をいち早く取り入れるなど、下肢静脈瘤治療に日々尽力しています。

梅田血管外科クリニックの
口コミ評判

スカートがはけて快適

自覚症状がなく悩んでいましたが、先生、家族の後押しがあり思い切りました。自分が見ても、足の形の不快感があったものの、今夏はスカートがはけて快適でした。もっと早く先生のこと知っていればよかった。30-40年来の悩みが嘘のようです。

参照元:梅田血管外科クリニック公式HP https://www.umeda-vvc.com/voice/
気さくな人柄の先生

エコーを見ながら院長が見てくださり、気さくにお話していただき、今までのつっかえがストンと納得できました。受付の方の電話応対はクールですが、必要なことには聞けば答えてくれるし、何より院長先生のお人柄が良かったです。

参照元:病院なび https://byoinnavi.jp/clinic/254665/reviews
丁寧に状態を説明してくれた

長年悩んでた足のことも、院長先生が丁寧に状態を説明して下さり、スタッフの方々もすごく優しい笑顔で接してくださったので 不安が消えて、今後の治療を前向きに取り組む気持ちになれました。本当にありがとうございました。

参照元:EPARK https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/150583/tab/8/
きれいでゆったりした待合室

下肢静脈瘤が心配で受診しました。病院は、きれいで、待ち合いもゆったりしていて、予約制のため待ち時間もなかったので、ストレスなく受診できました。先生もスタッフも気さくな方が多く、心配な点を質問しても丁寧に答えていただきました。

参照元:EPARK https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/150583/tab/8/

梅田血管外科クリニックの
基本情報

診療時間
9:00~13:00 - - -
14:00~17:00 - - -
所在地

大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5F

アクセス

JR東西線「北新地駅」徒歩4分

電話番号

06-6232-8601

Clinic

坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニック
引用元:坂田血管外科クリニック https://sakataclinic.com/
坂田血管外科クリニックの治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング手術
硬化療法
圧迫療法

坂田血管外科クリニックの
種類の詳細

レーザー治療

坂田血管外科クリニックでは、静脈瘤治療用半導体レーザー装置「ELVeSレーザー」を使用。ほとんどの下肢静脈瘤治療に使える方法ですが、蛇行が強かったり非常に細かい血管には不向きです。

高周波治療

血管内に高周波カテーテルを挿入し、先端から出る高周波の熱で静脈を焼灼する方法です。問題のある静脈のみを血管の中から治療できるもので、体へのダメージが比較的少ないのが特徴です。

ストリッピング手術

逆流を起こしている伏在静脈の根元を糸で縛り、切り離す方法。蛇行や拡張が強い症例や、細かい静脈瘤の治療にも適します。超音波検査で手術部位を正確に調べるため、小さな切開のみで済みます。

硬化療法

ポリドカスクレロールという硬化剤を静脈瘤の中に注射し、固めることで静脈瘤を治療する方法。注射後は包帯を巻いて3日ほどしっかりと患部を圧迫、その後は弾性ストッキングを着用する必要があります。

圧迫療法

症状が軽く、手術の必要がないケースに使われる治療法です。治療の効果は弾性ストッキングを着用しているときだけなので、下肢静脈瘤を完全に治すことはできません。また、手術後の回復にも使われます。

Doctor

医師の情報 坂田 雅宏 院長

  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 血管内レーザー焼灼術・指導医
  • 日本外科学会(専門医)
  • 日本脈管学会(評議員)
  • 日本静脈学会(評議員)
  • 大阪血管外科同好会(世話人)
坂田雅宏院長
引用元:坂田血管外科クリニック https://sakataclinic.com/aisatsu/

坂田医師は1994年より静脈瘤治療に関わり、神戸労災病院・住友病院で15年にわたる下肢静脈瘤の治療に従事。その経験をもとに、2009年9月に下肢静脈瘤の専門クリニックである坂田血管外科クリニックを開院しました。これまでに培った経験と技術をベースに、患者第一の治療を提供し続けています。

坂田血管外科クリニックの
口コミ評判

手術中も優しい声がけや対応

初めて手術をしたので、だいぶ不安だったのですが、受付の方も丁寧に色々聞いたりしたのですが、嫌な顔せず答えてくれました。先生も気さくな方で、質問にはちゃんと答えていただけますし、手術中も「大丈夫やから」「足キレイになるからね」とお声かけてくださりました。看護師さんも、皆さん優しい方ばかりで、手術中もお話ししながら、ずっと手を握ってくれてて、背中さすってくれたり、痛がりな私でも頑張れました。

参照元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/2270089980
見た目だけの問題で安堵

産後とくに脚の網目状になった毛細血管が気になり、下肢の血管に詳しい坂田血管外科クリニックを受診。先生の問診では「下肢静脈瘤の類いではなく、30代でも3割の人に起こりうる一種の老化現象」とのことでした。それはそれでショックでしたが、見た目だけの問題とのことで良かったです。また、今後のためにと、別室で下肢静脈瘤防止のための靴下を販売されてて、一足購入しました。気持ちよくてとても良いです。

参照元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/2270089980

坂田血管外科クリニックの
基本情報

診療時間
9:00~18:00 - -
所在地

大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3F

アクセス

御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩5分

電話番号

06-6121-2368

Clinic

ラジオロジークリニック扇町

ラジオロジークリニック扇町
引用元:ラジオロジークリニック扇町 http://radio-gazo.jp/
ラジオロジークリニックの治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

ラジオロジークリニック
扇町の治療の詳細

レーザー治療

血管内にレーザーファイバーを入れ、内部から焼灼する方法。ラジオロジークリニック扇町では、局所麻酔で行われ、治療にかかる時間は約1時間。日帰り手術のため日常生活にすぐ戻れますが、しばらくは重労働を避ける必要があります。

ストリッピング手術

下肢静脈瘤がある足の静脈に針金を挿し、問題となる静脈を除去する手術。全身麻酔など強めの麻酔が必要となり、術後は入院が必要となるケースも。レーザー治療に比べると、合併症のリスクが高めだと公式サイトに記載があります。

硬化療法

血管を固める硬化剤を注射し、包帯で圧迫して問題のある血管をつぶす方法。ラジオロジークリニック扇町では、治療時間は15~30分程度で、細い静脈瘤と処置済みの血管が対象です。術後はしばらくしこりや色素沈着が残ることも。

圧迫療法

医療用のストッキングで足全体を圧迫し、静脈瘤の進行を防ぐための治療法です。これにより、足全体の血流改善が期待できます。ただし症状の進行抑制や再発防止のみに使用しており、静脈瘤そのものを治癒することはできません。

高位結紮術

血液の逆流が起こっている静脈を切り取らず、高い位置で縛って切り離す方法です。血管を抜き取るストリッピング手術よりは負担が軽いですが、再発率が高いのがネック。そのため、硬化療法と併用されることが多くなっています。

Doctor

医師の情報 宮本 信一 院長

  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 日本放射線学会認定医
  • マンモグラフィ読影認定医
  • 日本医学放射線学会
  • 日本IVR学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本静脈学会
  • 日本脈管学会
宮本信一院長
引用元:ラジオロジークリニック扇町 http://radio-gazo.jp/clinic/

宮本医師は放射線科医であり、さらに血管内治療・超音波を得意としています。下肢静脈瘤の治療においては、レーザーによる血管内焼灼術・硬化療法・高位結紮術・圧迫療法といった、さまざまな治療法を幅広く提供。診察はもちろん、検査・手術まで一貫して宮本医師が行っています。

ラジオロジークリニック
扇町の口コミ評判

礼儀正しく、言葉遣いも丁寧

まず受付の方が優しく丁寧です。今まで行った病院の中で、一番「接遇」をしていただいたと感じました。新しく清潔なビルの中にあり、病院自体もきれいです。検査を受けたのですが、検査着に着替えるための更衣室も整備されています。先生も礼儀正しく、言葉遣いも丁寧で、質問しやすい雰囲気でした。皆さん予約しているので待ち時間も長くなくストレスはありませんでした。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/2270001830/reviews
待ち時間が短く段取りが良い

下肢静脈瘤(足のだるさ)で悩んでいたところ、ラジオロジークリニック扇町を見つけました。予約制なので待ち時間はさほどなく、段取りよくスムーズに進められます。なによりも先生が穏やかに不安に思っていることを丁寧に答えてくださいます。ほとんどの患者は手術が初めてですから緊張します。そんな時に患者目線で対応していただけるのはとてもありがたかったです。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/2270001830/reviews
梅田駅から地理的にも便利

大阪梅田の泉の広場から、歩いてちょっと行ったところで地理的にも便利。ビルの中の綺麗なクリニックです。土曜日に検査をしてくれる病院そのものが少ないのに、ここのドクターはものすご~く親切な方で、こちらの質問にも親身になって答えてくださいました。

引用元:QLIFE https://www.qlife.jp/kuchikomi_1083363_75102
清潔感のあるきれいな院内

検査の予約がとても取りやすく、日にちもあかないのでとても良かったです。検査前には、先生から説明を十分してもらいました。検査室に入ると、「落ち着かない人は、リラックスできる音楽をおかけしますよ」と言われました。病院内もとってもキレイでした。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/2270001830/reviews

ラジオロジークリニック
扇町の基本情報

診療時間
9:00~12:00
12:00~17:00
17:00~19:00 - -
所在地

大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル2F

アクセス

堺筋線「扇町駅」徒歩約5分

電話番号

06-6311-7500

Clinic

なんば坂本外科クリニック

なんば坂本外科クリニック
引用元:なんば坂本外科クリニック https://nmb-ssc.jp/
なんば坂本外科クリニックの治療法
5/7 種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング手術
硬化療法
圧迫療法

なんば坂本外科クリニック
の治療の詳細

レーザー治療

カテーテルを静脈に挿入し、熱を発生させて内側から静脈を閉じ、血液の流れを遮断する方法です。使用している1470nmレーザーは静脈壁の深くまで熱エネルギーが浸透しないタイプで、効率よく血管を閉じることができます。

高周波治療

静脈内にカテーテルを入れ、高周波による熱で治療を行います。手術にかかる時間は約20分。下肢静脈瘤で手術が必要となった場合、レーザーまたは高周波による治療法が多く選択されるとのことです。

ストリッピング術手術

足の付け根やヒザのあたりを小さく切開し、ワイヤーを通して下肢静脈瘤の原因となる血管を抜き取る治療。なんば坂本外科クリニックでは、局所麻酔だけでなく鎮静剤も使用するため、眠っている間に手術が完了します。

硬化療法

ポリドカノールという硬化剤を静脈に注入する方法。硬化剤を注入された静脈を包帯などで圧迫し、静脈の壁をくっつけることで血液の流れを遮断します。細い血管のみに適用する方法で、太い血管には不向きです。

圧迫療法

圧迫力の強い弾性ストッキングを着用し、余分な血液がふくらはぎに溜まらないよう押さえ込んでおく治療です。これによって静脈への負担が軽減され、むくみなどの症状の予防が期待できます。

Doctor

医師の情報 坂本 一喜 院長

  • 日本脈管学会認定 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会認定 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 日本外科学会認定 外科専門医
  • 日本救急医学会 救急医専門医
  • 日本内視鏡外科学会認定 内視鏡外科技術認定医
  • 日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医
  • 日本消化器外科学会認定 消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構認定 暫定教育医、認定医
  • 身体障害者福祉法指定医(ぼうこう又は直腸)
坂本一喜院長
引用元:なんば坂本外科クリニック https://nmb-ssc.jp/clinic/doctor/

坂本医師は、より満足度の高い治療を提供するため、2015年に日帰り手術を受けられるクリニックを開業。日々「もっと早く治療を受ければよかった」と言ってもらえるような、日帰り手術を心がけています。日帰り手術が中心ですが、硬化療法や弾性ストッキングなど、手術以外の治療法も数多く取り扱っています。

なんば坂本外科クリニック
の口コミ評判

明るい雰囲気にリラックス

兄が見つけたクリニックがなんば坂本外科クリニックで、清潔感のあって、直感的にここが良い!と感じたそうです。早速予約し受診しましたが、先生は腰の低い優しい先生で、スタッフの皆さんも気さくな方が多く、明るい雰囲気にガチガチに緊張していた僕もリラックスできました。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/4270003619/reviews
懇切丁寧な診断が魅力

7月21日に手術をしていただき、今日28日検診にいきました。院長先生には懇切丁寧に診察をいただき、不安が解消されました。ただ今も痛みがあります。受付の方はじめ皆さん優しい方ばかりで、とくに手術後のケアに納得しました。

引用元:病院なび https://byoinnavi.jp/clinic/257411/reviews

なんば坂本外科クリニック
の基本情報

診療時間
9:00~12:00 -
14:00~18:00 -
所在地

大阪市浪速区難波中1丁目10-4 南海野村ビル4F

アクセス

南海線「難波駅」徒歩3分

電話番号

06-6585-7310

Clinic

ハルカス川崎クリニック

ハルカス川崎クリニック
引用元:ハルカス川崎クリニック https://www.herokawasaki.com/
ハルカス川崎クリニックの治療法
4/7 種類
レーザー
治療
ストリッピング手術
硬化療法
高位結紮術

ハルカス川崎クリニックの
治療の詳細

レーザー治療

下肢静脈瘤の原因となる血管にレーザーファイバーを挿入し、光線の熱によって内側から血管を焼きつぶす方法。基本的には局所麻酔のみですが、場合によっては静脈麻酔をプラスして行います。

ストリッピング手術

血液の逆流を抑える弁が壊れた静脈を、体外へと抜き取る方法です。下肢静脈瘤の手術の中では歴史の古い方法で、体への負担もやや大きめですが、ハルカス川崎クリニックでも実施しています。

硬化療法

硬化剤という薬剤を静脈内に注入し、ガーゼで圧迫することで静脈瘤を治療していきます。術後にしこりや色素沈着が起こり、それが治るまでには3ヶ月~1年半くらいの期間が必要となります。

高位結紮術

足の付け根で静脈を縛り、血液の逆流を防ぐ方法です。体への負担は比較的少ないですが、下肢静脈瘤を根治させるのが難しく、再発のリスクもあるため、現在ではあまり実施されることは少ないようです。

Doctor

医師の情報 川崎 寛 院長

  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
川崎寛
引用元:ハルカス川崎クリニック https://www.herokawasaki.com/clinic/#a03

院長である川崎医師は、心臓血管外科を専門とするドクター。関西医科大学・近畿大学医学部・ベルランド総合病院など、さまざまな医療機関の心臓血管外科勤務を経て、2014年にハルカス川崎クリニックを開院。以降、下肢静脈瘤の日帰り手術を中心とした治療を提供し続けています。

ハルカス川崎クリニックの
口コミ評判

もっと早く決断すれば良かった

長い間悩んでいましたが、こんなにすっきりするなら、もっと早く決断したら良かったと思いました。今までは少しの間、立っているだけで足が重たくなっていましたが、手術後は他の人と同じように立っている事も苦になりません。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/4270004195/reviews
先生の優しさと丁寧が診察が良い

最初の問診は丁寧に詳しく質問してくれ、話し方も丁寧で分かりやすい印象でした。着圧ソックスを購入しましたが、履き方脱ぎ方も実際にやりながら説明を受けました。むくみを解消する体操も教えてくださり、不安なく帰ることができました。何と言っても先生の優しさと丁寧の診察がよいと思いました。

引用元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/4270004195/reviews

ハルカス川崎クリニックの
基本情報

診療時間
8:00~11:00 -
11:00~18:00 -
18:00~20:00 -
所在地

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス21F

アクセス

御堂筋線「天王寺駅」西改札よりすぐ

電話番号

06-6623-0236

カンファレンス

日本脈管学会と「専門医」とは

1960年設立の日本脈管学会は、2019年10月時点での会員数は3,059名。日本脈管学会は、脈管学にまつわるさまざまなジャンルの研究を統合し、発展させることを目的として設立されました。

大血管・末梢血管・リンパ管を中心に、脈管診療を行う優れた医師を専門医として認定。専門医として認定されるには、初期研修後6年以上の臨床研修歴を有するなど、条件を満たす必要があります。

医師

血管内レーザー焼灼術実施医・指導医とは

保険認可によって血管内レーザー焼灼術が急速に広まっていくことを踏まえて、安全かつ効果的に治療が行われるよう、日本静脈学会・日本血管外科学会・日本脈管学会・日本皮膚科学会・日本形成外科学会・日本インターベンショナルラジオロジー学会の6学会で血管内レーザー焼灼術の実施基準を作成。

その基準の中で、下肢静脈瘤の診断と治療を20例以上(内容に条件あり)経験した医師を実施医、術者として20例以上血管内焼灼術を経験した医師を指導医として認定しています。

Method

下肢静脈瘤の
治療方法一覧

下肢静脈瘤の治療方法(弾性ストッキングやストリッピング、レーザー、高周波)を調べた内容を分かりやすくまとめています。治療には様々な方法が採用されますが、クリニックによっても得意とする手段が異なるようです。

グルー治療

グルー治療は、2020年12月から保険適用となった新しい治療法です。血管にカテーテルを挿入し、グルーと呼ばれる医療用の瞬間接着剤を注入して血液の逆流を止めます。レーザーや高周波と違って熱を使わないため、体への負担が少ないとされています。針を刺すだけなので基本的には局所麻酔のみでOK、術後の回復も比較的スムーズです。

レーザー治療

血管の中にレーザーファイバーを挿入して患部となる静脈を焼く「血管内レーザー焼灼術」と、患部の外側からレーザーをあてて患部となる静脈を消滅させる「対外照射レーザー治療」あります。いずれも患部の静脈を退化させ、体内に自然吸収させる治療法です。傷口もほとんど残らず、患者の負担も少ないのが特徴です。

高周波治療

高周波治療とは、血管にカテーテルを挿入し、患部となる静脈を高熱で焼く方法。レーザー治療はレーザー照射で焼くのに対し、高周波治療はカテーテル自体の熱で焼く、という違いがあります。レーザー治療に比べると処理にムラが少ないという長所がありますが、血管の閉塞率はレーザーに比べると低いという報告もあります。

ストリッピング手術

静脈瘤を起こしている血管を、外科手術で引き抜く治療法。軽度のものから大きな静脈瘤まで治療が可能で、とくに伏在型静脈瘤と呼ばれる重度の下肢静脈瘤の治療に有効です。全身麻酔や下半身麻酔が必要となるため、一般的な病院では数日の入院が必要ですが、一部の病院では日帰り手術も対応しています。

硬化療法

硬化剤を患部に注射する治療法。静脈瘤を固めることで退化させ、やがて組織へと吸収させるという方法になります。手術痕も残らず、日帰り治療も可能。保険も効くため治療費は5,000円程度と安価です。ただし、患部にたくさんの血栓ができてしまう可能性もあるため、太い静脈瘤には適していません。

圧迫療法

医療用の弾性ストッキングを着用し、足に適度な圧を加えて余分な血液・水分が溜まるのを予防する方法。下肢静脈瘤の症状が軽度の場合や、手術後の再発予防にも利用されることがあります。製品にはいくつかの仕様があるため、医師や弾性ストッキングコンダクターに適したものを選んでもらうことが大切です。

高位結紮術

血液の逆流を防ぐため、足の付け根部分で血管を縛って切り離し、逆流を止める治療法となります。体への負担は少ないですが、下肢静脈瘤を完全に治癒させるのが難しいのがデメリット。また、再発のリスクも高いため単独で行われることはほとんどなく、現在では硬化療法と併用することが多くなっているようです。

もう一度専門医の在籍するクリニック一覧を見る
Method

10人に1人が発症?
下肢静脈瘤のすべて

下肢静脈瘤の症状や種類、放置するとどうなるのか、手術後のリスクはあるのかなど、治療の前に知っておきたい基礎知識をまとめました。

足の血管が浮き出る?
下肢静脈瘤セルフチェック

「足に血管が浮き出ている」「見た目にもぼこぼこしている」といった症状がある場合、それは下肢静脈瘤かもしれません。ただ、見た目だけでは分からないこともあるため、簡単にできるチェックリストを作成してみました。気になる人は、ぜひ活用してみてください。

下肢静脈瘤セルフチェックをする

Clinic

下肢静脈瘤治療を行う
大阪のクリニック一覧

大阪で下肢静脈瘤治療が受けられるクリニックを40院ピックアップし、口コミ評判や、下肢静脈瘤治療の特徴などをリサーチしました。

藍野病院

内科・外科・整形外科など、さまざまな診療科目を持つ総合病院。下肢静脈瘤の治療については要問い合わせです。

医師名:
杉野正一
所在地:
大阪府茨木市高田町11-18
アクセス:
JR京都線「摂津富田駅」車で約10分(無料シャトルバスあり)、阪急京都線「富田」徒歩5分
電話番号:
072-627-7611

育和会記念病院

循環器内科にて下肢静脈瘤のカテーテル治療を実施。血管エコーを利用し、負担の少ない治療を心がけます。

医師名:
吉村隆喜
所在地:
大阪市生野区巽北3-20-29
アクセス:
千日前線「北巽駅」徒歩3分
電話番号:
06-6758-8000

今村血管外科クリニック

下肢静脈瘤レーザー焼灼術の手術指導施設の認定を受けたクリニック。患者の要望に沿った治療を心がけます。

医師名:
今村敦
所在地:
大阪府門真市宮野町3-23 メリックビル1F
アクセス:
京阪本線「大和田駅」徒歩1分
電話番号:
072-800-5330

いわさきクリニック

下肢静脈瘤外来を設置し、体への負担がかかりにくい日帰り治療を提供しています。平日は20時まで診療。

医師名:
岩﨑弘登
所在地:
大阪府東大阪市森河内東1-28-14
アクセス:
JR学研都市線「放出駅」徒歩約12分
電話番号:
06-6782-3132

梅田血管外科クリニック

下肢静脈瘤に特化した医師による、丁寧な診察と治療を提供。取り扱っている治療法の種類も多いのが魅力です。

院長:
古林圭一
所在地:
大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5F
アクセス:
JR東西線「北新地駅」徒歩4分
電話番号:
06-6232-8601

江坂下肢静脈瘤クリニック

日帰り治療が中心の下肢静脈瘤専門クリニック。レーザー治療や硬化療法など、さまざまな方法を扱っています。

医師名:
小野眞一
所在地:
大阪府吹田市江坂町1丁目21-17 ESAKA松尾ビル3F
アクセス:
御堂筋線「江坂駅」徒歩3分
電話番号:
0120-671-516

大阪市立大学医学部附属病院

心臓血管外科では、下肢静脈瘤を含む心臓血管疾患全般の外科的治療を行っています。

医師名:
柴田利彦
所在地:
大阪市阿倍野区旭町1-5-7
アクセス:
御堂筋線「天王寺駅」徒歩7分
電話番号:
06-6645-2121

大阪医療センター

皮膚科で診療を実施。下肢静脈瘤治療用ELVeSレーザーを導入し、負担の少ない治療を心がけています。

医師名:
小澤健太郎
所在地:
大阪市中央区法円坂2-1-14
アクセス:
谷町線「谷町四丁目駅」すぐ
電話番号:
06-6942-1331

大阪中央病院

皮膚・形成外科にて下肢静脈瘤の治療を実施。血管内焼灼術については、実施基準による指導医が担当します。

部長名:
月野暁彦
所在地:
大阪市北区梅田3-3-30
アクセス:
各線「梅田駅」徒歩約7分
電話番号:
06-4795-5505

大阪府立急性期総合医療センター

手術・ストッキング療法・硬化療法を行う下肢静脈瘤専門外来を設置。手術はストリッピング手術が中心です。

医師名:
岩瀬和裕
所在地:
大阪市住吉区万代東3-1-56
アクセス:
JR阪和線「長居駅」徒歩18分
電話番号:
06-6692-1201

大阪府済生会泉尾病院

地域医療の中核を担う総合病院。心臓血管外科で下肢静脈瘤に対する高周波手術を提供します。

医師名:
西脇登
所在地:
大阪市大正区北村3-4-5
アクセス:
長堀鶴見緑地線「大正駅」車で約10分
電話番号:
06-6552-0165

大阪みなと中央病院

形成外科は、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の認定施設で、認定を受けた医師も在籍。

医師名:
細川亙
所在地:
大阪市港区磯路1-7-1
アクセス:
中央線「弁天町駅」すぐ
電話番号:
06-6572-5721

大手前病院

血管病変疾患のケアに力を入れているクリニック。下肢静脈瘤の診察・治療については要問い合わせです。

医師名:
宮本裕治
所在地:
大阪市中央区大手前1-5-34
アクセス:
谷町線「天満橋駅」徒歩約5分
電話番号:
06-6941-0484

大間知クリニック

肛門治療の実績が豊富なクリニックですが、下肢静脈瘤の外科的治療・硬化療法も行っています。

医師名:
大間知祥孝
所在地:
大阪府東大阪市長堂2-15-10
アクセス:
近鉄「布施駅」徒歩8分
電話番号:
06-6618-1000

柿木外科クリニック

診察、手術、術後の経過観察まで、担当する医師が変わることなく、すべてを院長が対応します。

医師名:
柿木英佑
所在地:
大阪市中央区心斎橋筋1-1-1 心斎橋クラシック8F
アクセス:
御堂筋腺「心斎橋駅」徒歩5分
電話番号:
06-6251-5080

葛城病院

下肢静脈瘤治療センターを開設し、精密検査や手術などを行っています。心臓血管外科指導医・専門医が在籍。

医師名:
佐賀俊彦
所在地:
大阪府岸和田市土生町2-33-1
アクセス:
JR阪和線「東岸和田駅」徒歩約10分
電話番号:
072-422-9909

かとう鳳クリニック

特殊診療として、下肢静脈瘤外来を設置しているクリニック。豊富な検査機器で迅速な診断を心がけています。

医師名:
加藤聡
所在地:
大阪府堺市西区鳳東町2丁177-3
アクセス:
JR「鳳駅」徒歩約3分
電話番号:
072-272-8811

北野病院

形成外科で下肢静脈瘤治療を実施。潰瘍を伴う下肢静脈瘤に対して、内視鏡を使った治療も行っています。

部長名:
鈴木義久
所在地:
大阪市北区扇町2-4-20
アクセス:
JR環状線「天満駅」徒歩8分
電話番号:
06-6312-1221

久保クリニック

内科・循環器内科・血管外科を専門とするクリニック。下肢静脈瘤の治療は、血管外科で取り扱っています。

医師名:
久保裕司
所在地:
大阪市淀川区木川東1-11-19
アクセス:
御堂筋線「西中島南方駅」徒歩約9分
電話番号:
06-6195-1888

済生会野江病院

さまざまな診療科目を持つ総合病院。下肢静脈瘤の治療については心臓血管外科で行っています。

医師名:
末廣茂文
所在地:
大阪市城東区古市1丁目3番25号
アクセス:
長堀鶴見緑地線「今福鶴見」徒歩12分
電話番号:
06-6932-0401

堺下肢静脈瘤クリニック

保険適用の下肢静脈瘤治療を提供。治療については、高周波・レーザーによる血管内焼灼術が中心です。

医師名:
林弘樹
所在地:
大阪府堺市堺区中瓦町2-3-29 瓦町ウエノビル5F
アクセス:
南海電気鉄道高野線「堺東駅」徒歩3分
電話番号:
0120-580-623

坂田血管外科クリニック

下肢静脈瘤の日帰り手術専門クリニック。レーザー治療や硬化療法など、対応できるすべての治療を日帰りで受けられます。

院長:
坂田雅宏
所在地:
大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3F
アクセス:
御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩5分
電話番号:
06-6121-2368

桜橋渡辺病院

循環器疾患の専門病院で、循環器内科・心臓血管外科・外科などを設置。下肢静脈瘤へのレーザー治療も実施しています。

医師名:
正井崇史
所在地:
大阪市北区梅田2-4-32
アクセス:
四ツ橋線「西梅田駅」徒歩2分
電話番号:
06-6341-8651

島野医院

内科・外科・婦人科・肛門外科を診療科目に持つクリニック。下肢静脈瘤の治療については、要問い合わせが必要です。

医師名:
島野直人
所在地:
大阪市西区南堀江4-4-20 アーデンタワー南堀江1F
アクセス:
長堀鶴見緑地線「西長堀駅」徒歩2分
電話番号:
06-6533-0020

しんおおさかクリニック

治療は皮膚科・形成外科・美容皮膚科で対応。高周波による焼灼術や硬化療法などの日帰り手術を行っています。

医師名:
戸田直歩
所在地:
大阪市淀川区西中島5-13-17 OHSACHI新大阪ビル5F
アクセス:
御堂筋線「新大阪駅」徒歩3分
電話番号:
06-6101-0058

すまクリニック

弾性ストッキングによる保存的治療や、硬化療法・瘤切除術・血管内焼灼術などを取り扱っています。

医師名:
須磨敬司
所在地:
大阪府吹田市岸部新町5-45 2F
アクセス:
JR東海道本線「岸辺駅」徒歩2分
電話番号:
06-6384-5557

住友病院

形成外科・美容外科にて弾性ストッキングによる圧迫療法・硬化療法・ストリッピング手術・静脈結紮術を実施。

医師名:
三木綾子
所在地:
大阪市北区中之島5丁目3番20号
アクセス:
京阪電車中之島線「中之島駅」徒歩約3分
電話番号:
06-6443-1261

高石加茂病院

下肢静脈瘤の診察・治療については外科で実施。ストリッピング術と下肢静脈瘤結紮硬化療法を行っています。

医師名:
岩崎幸恵
所在地:
大阪府高石市西取石3-23-17
アクセス:
JR阪和線「富木駅」徒歩約10分
電話番号:
072-262-1121

多根総合病院

下肢静脈瘤の手術を受けられる、日帰り手術センターを設置。24時間サポートを実施し、術後も相談できます。

医師名:
丹羽英記
所在地:
大阪市西区九条南1-12-21
アクセス:
長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎駅」徒歩5分
電話番号:
06-6585-2729

なにわ生野病院

心臓血管外科にて、波長1470nmの血管内レーザー治療を行っています。日帰りまたは1日ほどの入院で治療が可能。

医師名:
鎌田創吉
所在地:
大阪市浪速区大国1-10-3
アクセス:
御堂筋線「大国町駅」徒歩3分
電話番号:
06-6632-9915

なんば坂本外科クリニック

下肢静脈瘤・鼠径ヘルニアの日帰り治療を専門的に行うクリニック。正確な技術とサービスを心がけています。

医師名:
坂本一喜
所在地:
大阪市浪速区難波中1-10-4 南海野村ビル4F
アクセス:
南海線「難波駅」徒歩3分
電話番号:
06-6585-7310

日本生命病院

2017年4月に新設された心臓血管外科にて、下肢静脈瘤の血管内焼灼術を行っています。診療は予約必須。

医師名:
笠山宗正
所在地:
大阪市西区江之子島2-1-54
アクセス:
「阿波座駅」徒歩5分
電話番号:
06-6443-3446

ハルカス川崎クリニック

日帰りでの下肢静脈瘤レーザー治療や、ストリッピング手術・高位結紮術などを提供しているクリニックです。

医師名:
川崎寛
所在地:
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス21F
アクセス:
近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」から徒歩1分
電話番号:
06-6623-0236

枚方下肢静脈瘤スキンクリニック

高周波治療と硬化治療を行っているクリニック。どちらの治療法も、日帰りで受けることが可能です。

医師名:
青木隆之
所在地:
大阪府枚方市岡本町10-33 リス・ブラン岡本町101
アクセス:
京阪本線「枚方市駅」徒歩3分
電話番号:
0120-967-541

まつい血管内科静脈瘤クリニック

外科的治療から保存的治療まで、幅広い下肢静脈瘤を用意。検査から説明まで、院長が担当しています。

医師名:
松井広登
所在地:
大阪府高槻市芥川町1-11-2 OSAKAYAビル3F
アクセス:
JR線「高槻駅」徒歩約3分
電話番号:
072-686-6000

耳原総合病院

下肢静脈瘤外来を設けており、硬化治療・ストリッピング手術・レーザー治療などを行っています。

医師名:
廣瀬友亮
所在地:
大阪府堺市堺区協和町4-465
アクセス:
南海高野線「堺東駅」・南海本線「堺駅」バスで約10分
電話番号:
072-241-0501

森之宮病院

下肢の動脈疾患や静脈疾患治療を得意とする下肢救済センターを設置しています。

医師名:
川﨑大三
所在地:
大阪市城東区森之宮2-1-88
アクセス:
JR大阪環状線「森ノ宮駅」徒歩7分
電話番号:
06-6969-0111

ラ・ヴィータ メディカルクリニック

下肢静脈瘤手術を専門とする、血管外科医による治療を提供。レーザー治療を中心に行っています。

医師名:
森嶌淳友
所在地:
大阪市中央区今橋1-7-19 北浜ビルディング10F
アクセス:
堺筋線「北浜駅」徒歩2分
電話番号:
06-6203-1180

ラジオロジークリニック扇町

血管内治療・超音波を得意とする院長が、検査・治療・アフターフォローを担当しています。

医師名:
宮本信一
所在地:
大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル2F
アクセス:
堺筋線「扇町駅」徒歩約5分
電話番号:
06-6311-7500

山本クリニック

下肢静脈瘤治療と痔の日帰り手術を実施。下肢静脈瘤の治療は、ストリッピング手術が第一選択です。

医師名:
山本秀尚
所在地:
大阪市東住吉区駒川5-8-2
アクセス:
近鉄南大阪線「針中野駅」徒歩約3分
電話番号:
06-6698-1200