大阪市立大学医学部附属病院

大阪市立大学医学部附属病院の下肢静脈瘤治療について調査しました。治療方法や費用、患者さんからの評判について紹介しています。

目 次

大阪市立大学医学部附属病院の口コミ評判

平日の朝一番に受診しました。

大学附属病院なので待ち時間がとても長いと考えていたので心配していましたが、意外と待ち時間が少なかったです。

このとき診察していただいた先生は穏やかで優しそうな方でした。

参照元:Caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270001080/reviews

相部屋の4人部屋で私は窓側ではなく廊下側でした。ここの病院は、相部屋でも窓側、廊下側で部屋代の金額が違うみたいです。

ほかの病院では、相部屋の場合、部屋代はタダのとこが多いですが、ここでは金額がかかります。

病院内も施設が整っててきれいな病院で良いとは思います。

参照元:Caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270001080/reviews

大阪市立大学医学部附属病院の治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

大阪市立大学医学部附属病院は入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

大阪市立大学医学部附属病院の特徴

大学病院だからできる検査や治療

医療機関等からの依頼(診断・治療等)をもとに、専門的な検査・診断や治療を行う大阪市立医学部付属病院。

厚生労働省が承認する「先進医療」についても、血管新生療法を始めとして13件の承認を得ています。

検査機器についても3テスラのMRI、PET-CTや64列マルチスライスCTなどを取り揃えています。

病院機能評価の認定済み

平成19年5月に財団法人日本医療機能評価機構が実施する、病院機能評価(Ver.5.0)の認定を受け、平成29年には3rdG:Ver.1.1の更新認定を受けています。

外部からの評価を受けるほか、患者を総合的に支援できる体制や、手術待機日数の短縮に向けて手術室の整備を計画するなど、よりよい病院環境の整備も行なっています。

心臓外科による専門的な治療

心臓外科や、血管外科を専門領域とした医師が多数在籍。下肢静脈瘤だけではなく、心臓に関する疾患や、閉塞性動脈硬化症などの下肢静脈瘤以外の血管病変など、幅広く対応が可能です。

大阪市立大学医学部附属病院の医師情報

  • 柴田利彦医師
  • 藤井弘通医師
  • 高橋洋介医師
  • 森崎晃正医師
  • 左近慶人医師

大阪市立大学医学部附属病院の基本情報

  • 診療時間:初診受付8:45〜10:30
  • 休診日:土・日・祝日
  • 住所:大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
  • アクセス:御堂筋線「天王寺駅」から徒歩7分
  • 電話番号:06-6645-2121
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。