大阪医療センター

大阪医療センターの下肢静脈瘤治療について調査しました。治療方法や費用、患者さんからの評判について紹介しています。

目 次

大阪医療センターの口コミ評判

大きな病院ですので、かかりつけ医師に紹介状を書いて頂くことをお勧めします。

また、患者さんも多く、初診の方は得に、実際見て頂けるのと会計まで約1日を要します。

大きな病院のため、入院もお願いできますし、風邪でひどいときは、一度本病院に通院していれば、別の科も時間外でも緊急であれば、受診することが可能です。

参照元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270000680/reviews

大きな病院なので初診時の待ち時間は覚悟が必要です。

初診受付の窓口も長蛇の列で移動して受診窓口から診察もかなり待ちます。時間に余裕がある時でないと難しいかもしれません。

参照元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270000680/reviews

ものすごく広い病院ですごく迷いましたが、受付の人に丁寧な案内してもらいよかったです。

特に自分の体調のこともすごく気にしてくださり、ありがたい言葉もいただきました。自分とすごく相性の合う先生だったのでまた行こうと思いました。

場所も大阪の谷町線沿いで便利なとこにあります。会社の近くでよかったです。谷町線の近くなら、オススメですね。

参照元:caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270000680/reviews

大阪医療センターの治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

大阪医療センターは入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

大阪医療センターの特徴

超音波ドップラー検査等検査の充実

エコー検査の一種である超音波ドップラー検査を用いて検査を行います。超音波ドップラー検査は下肢の血流を確認する機器です。

超音波ゼリーを塗り、機械と皮膚をしっかりと密着させ検査します。特に、検査を受ける前に注意事項はありません。

ELVeSレーザー(血管内レーザー治療)を採用

下肢静脈瘤治療用ELVeSレーザーが導入されています。手術部位の傷がほとんど残りません。

全身麻酔ではなく局所麻酔等による麻酔によって施術可能なため、治療期間を大幅に軽減。

手術時間と、治療期間の短縮を図り患者負担を軽減できるようにされています。

指導にも力を入れている病院

医師や看護師、薬剤師などの医療職養成校から学生を受け入れ、実習の場を提供。

このほかにも、各学会より専門医養成のための研修施設としての認定も受けています。指導を行える実力のあるスタッフが在籍しています。

大阪医療センターの医師情報

医師は常勤4名、非常勤医師2名。常勤医では小林佑佳医師が、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施、下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医の資格を保有。

非常勤では、磯ノ上正明医師、戸田直歩医師の2名とも下肢静脈瘤血管内焼灼術実施、下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医の資格を保有しています。

大阪医療センターの基本情報

  • 診療時間:月火木…8:30~12:00、水金…8:30~11:00
  • 休診日:土・日・祝日
  • 住所:大阪府大阪市中央区法円坂2-1-14
  • アクセス:大阪市営地下鉄中央線「谷町四丁目」駅下車11番出口すぐ
  • 電話番号:06-6942-1331
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。