下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧いわさきクリニック

いわさきクリニック

平日は夜20時まで診療しているいわさきクリニックの費用や口コミ評判などを紹介します。

下肢静脈瘤の治療が受けられる大阪・いわさきクリニック

いわさきクリニックの公式HP画像

引用元:いわさきクリニック公式HP(http://iwasakiclinic.net/index.html)

いわさきクリニックでは患者の負担を軽減すべく、日帰りでの治療を行っています。診断機器による検査で原因を正確に解明し、正しくアプローチできるように努めているクリニックです。患者が満足できるように、「自分や家族が受けたくなるようなクリニック」を目指しています。

岩崎弘登院長は川崎医科大学医学部を卒業後、西日本、関西エリアの病院に勤務。医長を務めた経歴を持っています。日本心臓血管外科医専門医、日本脈管外科専門医を取得。複数の病院で経験を積んだ後、2012年にいわさきクリニックを開業しました。

治療方法

いわさきクリニックで採用している治療方法は次の通りです。

ストリッピング手術(日帰り)

弁が壊れたことで血液が逆流している静脈を、全身麻酔で痛みを軽減しながら抜き取ります。こちらは基本的に日帰りでの治療です。伏在静脈に逆流が認められた場合に適用されます。

静脈結紮術(日帰り)

逆流の原因となっている静脈を局所麻酔によって皮膚を切開・縛る治療法で、血液が少ない場合に行われます。こちらもストリッピング手術と同じく、日帰りで受けられる手術です。

硬化療法

静脈瘤に薬を投与することで、血液の流れを遮断します。麻酔の必要がないこちらの手法は他の治療と併せて行うケースが多く、網の目型や蜘蛛の巣型の症例に適しているとされる治療法です。

静脈瘤切除術

血管内レーザー治療やストリッピング手術と併用して行うもので、静脈が大きく拡張している場合に用いられる手法です。静脈に沿って皮膚を切開し、静脈を切除します。傷跡がほとんど目立たないのがメリットです(いわさきクリニックでは、血管内レーザー焼灼術を取り扱っていません)。

弾性ストッキング療法

着用することで血管を圧迫し、血流を促進する治療法です。特に硬化療法やストリッピング手術、レーザー治療を受ける方に対して、弾性ストッキング・コンダクターが患者の症状に応じた強度のストッキングを用意してどのように着用するのかを説明してくれます。

治療費用

いわさきクリニックで行っている下肢静脈瘤治療の費用は、クリニックに直接お問い合わせください。

いわさきクリニックで治療を受けた人からの口コミ・評判

先生もスタッフの方々もとても良い人でした。しっかりとした説明を受けての治療だったので安心して治療を受けることができました。

基本情報

クリニック名 いわさきクリニック
所在地 大阪府東大阪市森河内東1-28-14
アクセス JR西日本 放出駅 徒歩12分/地下鉄 高井田駅 徒歩12分
診療時間 平日9:00~12:00・14:00~17:00/水9:00~12:00・14:00~17:00・17:00~20:00(土曜は17:00まで)
休診日 日曜、祝日

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】