かとう鳳クリニック

大阪府堺市西区鳳東町のかとう鳳クリニックを調査しました。

クリニックの概要や下肢静脈瘤の治療方法、患者さんからの口コミ評判を紹介しています。

目 次

かとう鳳クリニックの口コミ評判

かとう鳳クリニックは病院がきれいなところが大きな魅力ですね。

休日診療しているだけあって待つこともありますが、それだけ治療実績が多く、いろんな診療に対応しているからだと感じます。

かとう鳳クリニックは、段取り良く親切丁寧に対応していただけることが嬉しい!

休日に診察していただけるのがすごく助かります。

かとう鳳クリニックの魅力は、何よりも休日診療があるところですね。

盆休みや正月、GWも営業しているので大変助かります。また何かあったら、かとう鳳クリニックへ伺います。

かとう鳳クリニックの治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

かとう鳳クリニックは入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

かとう鳳クリニックの特徴

さまざまな担当と連携した治療

加藤聡院長は、1992年に徳島大学医学部医学科を卒業し、小松島(現徳島)赤十字病院や高知赤十字病院などの勤務を経て、2009年にかとう鳳クリニックを開業。

看護師や放射線科技師、臨床検査技師、臨床工学士、リハビリテーション助手などが勤務していて、連携しながら患者さんの症状を分析、治療を進めます。

日曜、祝日も診療あり

外来診療の時間は、9時~12時、13時30分~16時(予約診療)、17時~20時までと夜間診療も受付可能。

仕事やプライベートの予定に合わせて利用できるでしょう。

堺市西区鳳東町にあるので、JR鳳駅から南へ徒歩約3分とアクセスの良さも魅力のひとつです。

幅広い診療科目を用意

かとう鳳クリニックは、内科・循環器・外科・人工透析、そして特殊診療に対応している医療機関です。下肢静脈瘤の治療は、特殊診療にある外来診療で対応。

患者さんの血管の状態だけではなく、足のむくみや慢性的なだるさ、足がつるなどの症状を確認したうえで治療を進めてくれます。

かとう鳳クリニックの医師情報

加藤聡院長の経歴

  • 徳島大学医学部医学科卒業
  • 徳島大学医学部第2内科(循環器内科・消化器内科)
  • 小松島(現徳島)赤十字病院
  • 高知赤十字病院
  • 徳島大学医学部集中治療室
  • 奈良県立医科大学第3外科(心臓血管外科・呼吸器外科)
  • 医真会八尾総合病院
  • 高清会 高井病院
  • 良秀会高石藤井病院
  • かとう鳳クリニック 開設

加藤聡院長の所属・資格

  • 日本内科学会
  • 日本外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本医師会

かとう鳳クリニックの基本情報

  • 診療時間:月・火・水・金・土・日…9:00~12:00/13:30~16:00/17:00~20:00
  • 休診日:予約診療や治療などによって変わる
  • 所在地:大阪府堺市西区鳳東町2-177−3
  • アクセス:JR阪和線鳳駅から徒歩5分
  • 電話番号:072-272-8811
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。