下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧北野病院

北野病院

治療の特徴や口コミでの評判など、北野病院の下肢静脈瘤治療に関する情報をまとめました。

充実した設備環境のなかで下肢静脈瘤の治療が受けられる北野病院

北野病院のHPキャプチャ画像

引用元:北野病院公式HP(https://www.kitano-hp.or.jp)

大阪市北区にある北野病院では、フォーム硬化療法、大伏在静脈高周波血管内焼灼術、大伏在静脈抜去術(ストリッピング)、内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術の4つの手術法を用いて下肢静脈瘤の治療を行なっています。様々な治療に対応できるのは、医師の技術はもちろん、充実した設備が整っているからこそ。

また、関連施設として田附興風会医学研究所を有しているため、日々の研究と共に先進医療をいち早く取り入れているという点も大きな特徴です。

治療方法

北野病院で採用している治療方法は次のとおりです。

フォーム硬化療法

皮膚表面の小さい静脈瘤に行う治療方法です。薬品にて瘤を閉鎖する方法で日帰りにて治療可能です。

大伏在静脈高周波血管内焼灼術

静脈にある弁の機能不全により血液が逆流している大伏在静脈の内部を高周波(ラジオ波)を使用して焼灼し、逆流を止める治療法です。傷口はカテーテルを入れるための小さな開口部のみで済むため、術後の負担は少なく早めに日常生活に復帰できます。

大伏在静脈抜去術(ストリッピング)

鼠径部より静脈を引っこ抜く方法で、再発率も低く、炎症や痛みを起こすこともありません。100年もの歴史がある治療方法です。

内視鏡下筋膜下不全穿通枝切離術(SEPS)

治療困難な進行した下肢静脈瘤に対して、内視鏡を用いて行う治療法です。当病院では切開の傷をできる限り小さくする努力をしており、一ヶ所あたりの傷跡はほとんど目立ちません。主に入院で手術を行いますが、日帰り治療も可能です。

治療費用

北野病院で行っている下肢静脈瘤治療の費用については公式HPに記載がありませんでした。詳しく知りたい方は直お接問い合わせください。

北野病院で治療を受けた人からの口コミ・評判

信頼のおける病院です
大きな病院なので、設備も整っており、検査の種類や先生方の知識も豊富なのでとても安心です。以前に入院し、その後通うようになったのですが、どの先生もとても優しく親切です。色々な検査をした上で診断するので自分も納得できますし、不安を感じる事がなく、信頼のおける病院です。

スタッフの気遣いが素晴らしい
幼い子を連れて来院したのですが、授乳室の場所を教えてくださったり、体調が悪く、抱っこがしんどかった私に優しく声をかけてくださったり、細かい気遣いをしていただきました。私は採血が苦手なのですが、不安を和らげるように声をかけてくれたり、不安を和らげるように笑顔で対応していただいて本当に救われました。

基本情報

クリニック名 北野病院
所在地 大阪府東大阪市長堂2丁目15-10
アクセス 近鉄布施駅 徒歩8分
診療時間 月・火・木・金・土・日曜…9:00~12:00/月・火・木・金曜…16:00~19:00
休診日 水曜、祝日

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】