済生会野江病院

済生会野江病院の下肢静脈瘤治療について調査。治療方法や費用、患者さんからの評判について紹介しています。

目 次

済生会野江病院の口コミ評判

済生会野江病院の口コミ評判は見つかりませんでした。

済生会野江病院の治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

済生会野江病院は入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

済生会野江病院の特徴

DPC(定額払いの会計方式)対象病院

DPCとは、「Diagnosis(診断) Procedure(診療行為) Combination(組み合わせ)」の略。

厚生労働省が定めた1日当たりの診断群分類点数をもとに、医療費を計算する新しい定額払いの会計方式のことです。

このDPCによるメリットは、今まで複雑でわかりにくかった医療の価格を標準化し、透明化されるという点にあります。

血管外科と形成外科による治療

心臓血管外科だけでなく、形成外科で治療することができます。また、下肢静脈瘤以外の血管病変が見つかった場合でも対応可能です。

心臓血管センターもあるため、心臓血管外科の医師と循環器内科の医師が連携して治療にあたります。

症状に合わせて様々な治療方法に対応

硬化療法、ストリッピング術、血管内焼灼等の治療を受けることが可能。特に、血管内焼灼の治療では高周波アブレーションカテーテルを使用しています。

日本では、2014 年6月から保険認可されたばかりですが、海外では主流の治療法となっています。

済生会野江病院の医師情報

心臓血管外科

常勤医師が4名在籍しています。下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医の資格を保有する医師が2名。

そのほかにも、日本血管外科学会や日本外科学会等の専門医資格を保有しています。

形成外科

常勤医4名と非常勤医1名が在籍しています。部長の南方医師は、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術指導医の資格を保有。

形成外科では、女性医師も3名在籍しています。

済生会野江病院の基本情報

  • 診療時間:8:30~11:15、13:00~15:00
  • 休診日:土・日・GW(5月3日~5日)・年末年始(12月30日~1月3日)
  • 住所:大阪府大阪市城東区古市1丁目3番25号
  • アクセス:大阪メトロ 長堀鶴見緑地線「今福鶴見」下車 徒歩12分
  • 電話番号:06-6932-0401
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。