桜橋渡辺病院

桜橋渡辺病院の下肢静脈瘤治療について調査しました。治療方法や費用、患者さんからの評判について紹介しています。

目 次

桜橋渡辺病院の口コミ評判

桜橋渡辺病院は、特に循環器科、心臓血管外科に優れていると思います。

予約制ですが少し待ち時間も発生することがあります。

でもどの先生も専門知識を持たれ、不安なく治療に専念することができます。

参照元:EPARK https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/7289/

心臓血管外科の先生のおかげで、命拾いしました

参照元:Qlife https://www.qlife.jp/kuchikomi_8488_91143

桜橋渡辺病院の治療費

治療費については、公式ホームページへ記載がありませんでした。

桜橋渡辺病院は入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

桜橋渡辺病院の特徴

血管内レーザー治療を実施

桜橋渡辺病院では、血管内レーザー治療を採用しています。血管内レーザー治療とは、カテーテルを病変の静脈内へ挿入。

その後、レーザーや高周波による熱によって、血管内から静脈を閉塞させる治療方法です。

心臓血管センターを併設

桜橋渡辺病院は循環器専門の病院で、その中枢を担っているのが、心臓・血管センターです。

専門分野に精通した医師たちによる診断、治療が魅力です。

患者様の満足度の高い病院

「ムリ、無駄を減らした医療、スピード経営、高度最先端医療と患者様本位の心通う医療、看護を両立させること」。

桜橋渡辺病院では、以上の内容を指標に、治療にあたっています。

桜橋渡辺病院の医師情報

  • 岩倉克臣医師(センター長兼検査科部長):心臓超音波法を中心とした生理機能検査を担当
  • 小山靖史医師(画像診断科長):冠動脈CTを駆使した画像診断を担当
  • 藤井謙司医師・岡村篤徳医師(副センター長兼冠疾患科長)・岩本睦医師・永井宏幸医師:冠動脈に対するカテーテル治療を担当
  • 住吉晃典医師:末梢動脈に対するカテーテル治療を担当
  • 正井崇史医師:心臓血管外科手術を担当

桜橋渡辺医院の基本情報

  • 診療時間:午前9:00~11:30・午後1:00~4:00(土曜日は午前のみ)
  • 休診日:日・祝日・第3土曜日
  • 住所:大阪市北区梅田1-1-3-1800 大阪駅前第3ビル18F
  • アクセス:地下鉄四ツ橋線西梅田駅より徒歩2分
  • 電話番号:06-6341-8655
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。