大阪府済生会泉尾病院

大阪府済生会泉尾病院の下肢静脈瘤治療について調査しました。治療方法や費用、患者さんからの評判について紹介しています。

目 次

大阪府済生会泉尾病院の口コミ評判

設備は老朽化していますが、何より医師と看護師の連携が良く、とても丁寧です。

毎日のシーツ整頓(環境整備)で、気持ち良く一日を送る事が出来たと家族は話しています。

手術の際にも、前日に手術室の看護師が病室に訪問してくれ、当日は同じ顔を見ることで緊張が少し和らいだそうです。

そして、食事が温かいものは温かく提供してもらえるので、美味しく食べることができたそうです。

海に近いため、目の前には大きな川や船が見えて、良い休養になったそうです。

参照元:Qlife https://www.qlife.jp/nurse_kuchikomi_detail_9099_6305

先生の人数、スタッフの人数がそろっていて、総合病院ですが、待ち時間もそこそこのように思います。

ひとりひとり丁寧な応対と診察をしてくれるので、とても通院しやすいです。

参照元:Qlife https://www.qlife.jp/nurse_kuchikomi_detail_9099_6305

大阪府済生会泉尾病院の治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

大阪府済生会泉尾病院は入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

大阪府済生会泉尾病院の特徴

下肢静脈瘤は高周波手術で対応

高周波とは、ラジオ波と呼ばれる電磁波の一種。下肢静脈瘤の治療で使われる際は、他のカテーテル治療とほぼ同様です。

局所麻酔を使用し、小さく切開をしてから血管内にラジオ波のカテーテルを挿入し、焼灼します。

手術中の体への負担は少なく、術後の炎症や痛み、内出血などの術後合併症が少ないことが特徴です。

他科との共同体制

総合病院のため、病院内に様々な診療科を用意。

すぐ他科へコンサルをすることができ、血管外科や外科からの視点にとらわれない診療が可能です。

また、心臓血管センターもあり、循環器内科や心臓血管外科が共同した治療を行うことができます。

地域ケア支援センターを創設

2015年より、地域ケア支援センターが創設されました。入退院支援や診療連携、医介連携、患者相談など多機能を担っています。

ソーシャルワーカーをはじめとして、医師や看護師、事務員等様々な職種が地域ケア支援センターには集まっています。

大阪府済生会泉尾病院の医師情報

外科・消化器外科:山道啓吾副院長

専門分野は血管外科だけではなく消化器外科、一般外科等多岐に渡ります。

外科・消化器外科は常勤医師5名と非常勤医師6名で、多くの外科疾患の診療に対応。その中でも、血管外科を専門としている医師は副院長を含め2名です。

心臓血管外科:西脇登医師

日本循環器学会専門医や日本外科学会専門医等様々な資格を保有しています。

大阪府済生会泉尾病院の基本情報

  • 診療時間:8:00~11:30/12:30~14:30
  • 休診日:日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
  • 住所:大阪市大正区北村3丁目4番5号
  • アクセス:大阪市バス70番(急行)「西船町」行「大正区役所前」下車から徒歩8分
  • 電話番号:06-6552-0091
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。