すまクリニック

大阪府吹田市岸部新町で診療を行っているすまクリニックの評判を調査しました。

概要をはじめ、下肢静脈瘤の治療方法と患者さんからの口コミを紹介します。

目 次

すまクリニックの口コミ評判

岸辺駅からも駅直結で行ける立地の為、とても便利です。

先生お2人とも気さくで親身に相談に乗って頂け、とても安心感があります。

スタッフの皆さんも笑顔で優しく接して下さるので、リラックスして受診することが出来ました。

参照元:病院なび https://byoinnavi.jp/clinic/270822/reviews

治療方針は、患者へ丁寧に説明したうえで進めてくださるので、納得しながら治療を受けられますね。

オープンして1年も経ってないようなので、クリニック内は綺麗。待ち時間は短く診察まで早いところも助かりました。

参照元:病院なび https://byoinnavi.jp/clinic/270822/reviews#review_32782

すまクリニックは、とても清潔感がありスタッフの方の対応もやさしくて良かったですね。

担当の先生は、治療について丁寧に落ち着いて説明してくださって。不安なく治療を受けることができました。

参照元:病院なび https://byoinnavi.jp/clinic/270822/reviews#review_32782

すまクリニックの治療費

すまクリニックの公式サイトに記載されていませんでした。

すまクリニックは入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

すまクリニックの特徴

形成外科・皮膚科・美容皮膚科を展開

すまクリニックは、形成外科と皮膚科で多くの症例数を持つそれぞれの担当医師が在籍。

傷やケロイドの治療、下肢静脈瘤などの治療のほか、ニキビ、しわなどの美容皮膚科も対応しています。

日帰り手術に対応

下肢静脈瘤の治療は、月・火・水・金・土曜日13時~15時の予約診察で相談できます。

日帰り手術も対応しているため、短中期の治療を受けたい方にもおすすめです。

オンラインで予約受付ができる順番取りサービスもあり、待ち時間が出ないように配慮されています。

駅から徒歩2分でアクセス良好

すまクリニックはJR岸辺駅から徒歩2分でアクセス抜群。駅直結なので天候に左右されることなくクリニックに足を運べます。

すまクリニックの医師情報

須磨敬司院長

日本形成外科学会形成外科専門医の資格を保有し、大阪港中央病院や大阪急性期総合医療センター等の形成外科にて診療に従事していました。

加賀野井朱里副院長

日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を保有し、大阪大学附属病院、大阪警察病院、関西労災病院等の皮膚科で診療に従事。

すまクリニックの基本情報

  • 診療時間: 月・水・金…9:30~12:00/15:00~17:30、火・土…9:30~12:00/13:00~15:00、火…13:00~15:00/15:00~17:30 ※予約診療:月・水・金・土…13:00~15:00
  • 休診日 :木・日・祝日
  • 所在地:大阪府吹田市岸部新町5-45 2F
  • アクセス:JR京都線 岸辺駅 徒歩2分
  • 電話番号:06-6384-5557
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。