高石加茂病院

大阪府高石市西取石にある高石加茂病院を調査。

診療時間や概要をはじめ、下肢静脈瘤の治療方法や費用、患者さんからの口コミ評判を紹介しています。

目 次

高石加茂病院の口コミ評判

高石加茂病院は待ち時間が短いので、昔から通っています。

急にケガをした時でも、状況に合わせて治療してくれる柔軟に治療。診療科に関わらずお世話になっています。

参照元:Caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270004710/reviews

高石加茂病院は、家の近所にあるのでよく通院していますよ。

駐車場の空きが少ないこともよくあるようですが、警備員の人が誘導してくれるので、車でも入りやすく助かります。

患者さんの多い病院ですが、思ったより早く順番が回ってくれています。

どの先生も優しく対応してくれるので嬉しいですね。

薬は院外処方ですが病院を出てすぐのところに薬局があるので、処方箋の受け取りに手間はかかりません。

参照元:Caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270004710/reviews

病院全体がのんびりとした印象ですので、ストレスを抱えにくい良い環境かと思います。

また、お年寄りが多く午前の診察は、予約を取っていてもかなり待つことが多いですね。

その分夕方は空いていて、混み具合を把握しつつ通院するのがおすすめです。

参照元:Caloo https://caloo.jp/hospitals/detail/1270004710/reviews

高石加茂病院の治療費

公式サイトに記載がありませんでした。

高石加茂病院は入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

高石加茂病院の特徴

ストリッピング手術と硬化療法を実施

高石加茂病院では腹腔鏡手術を積極的に導入されており、下肢静脈瘤の治療にも用いられています。

対応している治療は、静脈ストリッピング術と下肢静脈瘤結紮硬化療法。いずれの手術も静脈瘤を除去もしくは、逆流を止める治療方法といった点が大きな特徴でしょう。

さまざまな外来に対応

下肢静脈瘤の治療に対応している外来は外科以外にも内科、循環器外来、大腸内検査などさまざま。ほかにも骨と関節に特化した特殊外来の診療にも対応しています。

外来の受付は女性医師が担当する診療時間をわかりやすく提示。同性の医師に治療を希望される患者さんへ配慮した体制で運営されています。

病院の理念は「心のかよう医療看護を目指して」

病院の理念である「心のかよう医療看護を目指して」を実践するために、優秀な人材の招聘を目指す高石加茂病院。

この理念を実現するために、医師だけでなく看護師をはじめとするスタッフも、熱意溢れる人材を登用しています。

高石加茂病院の医師情報

常勤医3名による外科にて診察を実施。女性医師による外来もあります。

高石加茂病院の基本情報

  • 診療時間: 月・火・木・金…9:00~12:00/16:30~19:00、土…9:00~12:00
  • 休診日 :水曜・日曜・祝日・土曜(午後)
  • 所在地:大大阪府高石市西取石3-23-17
  • アクセス:JR阪和線 富木駅 徒歩約10分
  • 電話番号:072-262-1121
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。