梅田血管外科クリニック

大阪・梅田の下肢静脈瘤レーザー治療専門クリニックである、梅田血管外科クリニックの特徴と口コミ評判をまとめました。

目 次

梅田血管外科クリニックの口コミ評判

自覚症状がなく悩んでいましたが、先生、家族の後押しがあり思い切りました。

自分が見ても、足の形の不快感があったものの、今夏はスカートがはけて快適でした。

もっと早く先生のこと知っていればよかった。30-40年来の悩みが嘘のようです。

参照元:梅田血管外科クリニック https://www.umeda-vvc.com/voice/

下肢静脈瘤が心配で受診しました。病院はきれいで、待ち合いもゆったりしていて、予約制のため待ち時間もなかったので、ストレスなく受診できました。

先生もスタッフも気さくな方が多く、心配な点を質問してもていねいに答えていただき、不安なく受診できました。

参照元:EPARK https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/150583/tab/8/

手術は知らないうちに終わりました。今までは怖いと思っていましたが、やっていただいて本当に良かった。

心から感謝いたします。ありがとうございました。

参照元:梅田血管外科クリニック https://www.umeda-vvc.com/voice/

梅田血管外科クリニックの治療費

  • 初診時(初診料+超音波検査):約3,040円(3割負担)、約1,010円(1割負担)
  • 硬化療法(片足):約5,000~9,000円(3割負担)、約1,700~3,000円(1割負担)
  • ストリッピング手術(片足):約36,000円(3割負担)、約14,000円(1割負担)
  • レーザーカテーテル治療(片足):約45,000円(3割負担)、約14,000円(1割負担)
  • 高周波カテーテル治療(片足):約45,000円(3割負担)、約14,000円(1割負担)

梅田血管外科クリニックは入ってる?
大阪の下肢静脈瘤クリニック5選

梅田血管外科クリニックの特徴

2020年1月から保険適応のグルー治療に対応

グルー治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、そこからグルーと呼ばれる医療用の瞬間接着剤を注入して血管を閉鎖させる治療法。

熱を加えるレーザーに比べ、より体への負担が少ないとされています。2020年1月から保険適用となる方法で、約5万円での治療が可能となりました。

保険適用でグルー治療を受けられるのは2020年1月現在全国でも15院のみで、そのひとつが梅田血管外科クリニックです。

さまざまな下肢動脈瘤治療を幅広く用意

梅田血管外科クリニックでは、レーザーまたは高周波による血管内焼灼術・ストリッピング術・硬化療法・弾性ストッキングによる治療など、さまざまな下肢静脈瘤治療を用意。

なかでも高周波による血管内焼灼術は、梅田血管外科クリニックでもっとも実施されている治療法です。

アクセスが良く通院しやすい立地

梅田血管外科クリニックは、梅田駅から徒歩6分、北新地駅から徒歩4分というアクセスの良さも魅力です。

クリニック内は白を基調とした清潔感溢れる空間で、待合室には座り心地の良いソファーも用意されています。

広々とした空間でストレスなく過ごせるようにと、細かい部分まで配慮があります。

オンライン診察で遠隔診療が可能

梅田血管外科クリニックでは、忙しくてなかなか通院できない人や、遠方で診察に来るのが困難な人のために、オンラインで診察が受けられる遠隔診療を行っています。

遠隔診療のメリット

遠隔診療は、パソコンやスマートフォンを利用してオンラインで診察を受けられるので、待ち時間がなく移動時間や交通費なども抑えられます。

また、診察希望日の前日までなら24時間いつでもネットで予約できるので、開院時間に予約の電話ができない人にも便利です。

支払いもネットで登録したクレジットカードで行え、薬や処方箋も自宅まで届けてもらえるので、薬による治療なら病院に通わずに続けられます。

医師以外と顔を合わせることもないので、プライバシーを重視する人にもおすすめです。

遠隔診療の内容

遠隔診療で受けられるのは、「下肢静脈瘤の術後再診」と「下肢静脈瘤の医療相談」です。

「下肢静脈瘤の術後再診」は梅田血管外科クリニックで下肢静脈瘤の手術を受けた人が対象で、医師からオンラインでの再診を許可された人が利用できます。

診察時間は10分間で、保険適用された場合の費用は予約料+診察料+薬代で合計約2,000円~3,000円(3割負担の場合)ほど。

「下肢静脈瘤の医療相談」は、誰でも下肢静脈瘤に関する医療相談することができます。

相談時間は15分で、診断や処方などの治療はできませんが、費用はかからず無料で医療相談ができるので、下肢静脈瘤かも?と心配な人は気軽に利用してみましょう。

遠隔診療の利用方法

遠隔診療を行うには、はじめにアカウントを登録してCLINICS(クリニクス)の会員登録を行う必要が。一度登録すれば二度目以降はログインすればOKです。

ログインしたら、梅田血管外科クリニックを指定して診察メニューや予約日等を入力し、問診票を入力して予約完了。

オンライン診療では、テレビ電話のように医師と画面を通じて通話することになるので、カメラとマイクがつながるネット環境が必要になります。

診療日には、予約時間の5分前には待機しておくようにしましょう。

梅田血管外科クリニックの医師情報

古林圭一院長の経歴

  • 2000年 大阪医科大学医学部卒業
  • 2000年 大阪医科大学附属病院 勤務
  • 2001年 大阪府三島救命救急センター 勤務
  • 2006年 医療法人 春秋会 城山病院 勤務
  • 2013年9月 梅田血管外科クリニック(大阪市北区)開院

古林圭一院長の所属・資格

  • 医学博士
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 植込み型除細動器(ICD) /  ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医

梅田血管外科クリニックの基本情報

  • 診療時間: 月水金土9:00~17:00(水曜は12時まで、月・火・金・土曜の9:00~12:00は手術)
  • 休診日 :木・日・祝日
  • 所在地:大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5階
  • アクセス:北新地駅 徒歩4分/谷町線 東梅田駅 徒歩5分
  • 電話番号:06-6232-8601
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。