下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

高周波・レーザー手術実績が豊富、心臓血管外科医師がいる、通いやすい立地にあるなど、大阪における下肢静脈瘤治療の名医を探す方法を解説します。

大阪における下肢静脈瘤治療の名医とは

大阪における下肢静脈瘤治療の名医とは下肢静脈瘤とは、足の静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れて、血液が逆流することにより血液が固まりコブのようになったものです。

命にかかわる病気ではないです。ただ、見た目が良くないだけでなく、放置すると進行して痛みやかゆみ、だるさを感じるようになる人がほとんど。そして、皮膚炎や湿疹になったり、肺血栓などの原因になることも…進行する前に、専門医の診察を受けることをお勧めします。

根本的治癒のための治療は手術になりますが、最近は痛みもなく傷痕も残らない高周波・レーザー手術を日帰りで受けることができ、手術時間も30分程度。高周波・レーザー手術実績が豊富、心臓血管外科医師がいる、通いやすいなど下肢静脈瘤治療を受けるクリニックの条件について解説しています。

その1.高周波・レーザー手術の実績が豊富

下肢静脈瘤治療の中で、現在最も安全で信頼性の高いとされているのが、高周波カテーテルおよびレーザーによる血管内治療です。こちらは保険が適用されるので、費用的にも安心です。

手術を受けるなら、血管内治療の実績が多いクリニックを選ぶことをお勧めします。

その2.心臓血管外科を務めた医師がいる

治療技術の向上により下肢静脈瘤の日帰り治療をするクリニックが増えてきましたが、下肢静脈瘤は症状の個人差が大きいのが現状。病態も複雑で、治療は手術になるので、経験豊富なドクターがいる専門クリニックで治療してもらうことをお勧めします。

診療科目は血管外科がメインになりますが、心臓血管外科を経験した医師なら間違いのない治療ができます。

その3.通いやすい病院づくりをしている

下肢静脈瘤の手術は日帰りで完了するものの、検査や手術翌日と経過観察のための通院などもあることから、駅から近いなどの立地も大切です。

学校や会社に近ければ帰りに病院に立ち寄れますし、自宅に近ければ空いた時間で通うことができます。 駅から近ければ、悪天候の日でも無理なく通えますね。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】