下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)その2.心臓血管外科を務めた医師がいる

その2.心臓血管外科を務めた医師がいる

大阪で下肢静脈瘤治療の名医と評判のドクター3名を掲載。血管外科医としての実績や、クリニックの特徴などをまとめています。

大阪で探す下肢静脈瘤治療の名医

治療技術の向上により、下肢静脈瘤の日帰り手術を提供するクリニックが増えてきました。ただし、下肢静脈瘤は症状の個人差が大きく、病態も複雑になるため、経験豊富なドクターがいる専門クリニックで治療してもらうことをお勧めします。

診療科目は血管外科がメインになりますが、心臓血管外科を経験した医師なら、血管治療の専門家として間違いのない治療ができます。

大阪の下肢静脈瘤手術の名医

大阪で下肢静脈瘤手術を行っている3人の名医についてご紹介します。

古林 圭一院長(梅田血管外科クリニック)

古林圭一院長
(梅田血管外科クリニック)
大阪の下肢静脈瘤治療の名医のひとり・古林院長の画像
略歴
2000年 大阪医科大学医学部卒業
2000年 大阪医科大学附属病院 勤務
2001年 大阪府三島救命救急センター 勤務
2006年 医療法人 春秋会 城山病院 勤務
2013年9月 梅田血管外科クリニック開院
専門医など
医学博士
日本脈管学会脈管専門医
日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医
実績
大阪医科大学医学部を卒業後、大阪医科大学附属病院、大阪府三島救命救急センター、医療法人 春秋会 城山病院では、血管外科の専門医として多くの経験を積み、虚血性心疾患の心臓手術、大動脈解離、大動脈瘤 などの大血管手術、閉塞性動脈硬化症のような末梢動脈疾患に対する治療、手術を行う。下肢血管外来での下肢血管の治療実績は1,000件を超える。2013年に下肢静脈瘤治療専門クリニックを開院、豊富な経験にもとづいた適切な診療と検査を行い、現在の症状、これからの治療や手術について詳細な説明をし、最新の高周波・レーザーカテーテル治療を使った安全、安心で痛みの少ない下肢静脈瘤治療を行っている。

柿木英佑院長(柿木外科クリニック)

柿木英佑院長
(柿木外科クリニック)
大阪の下肢静脈瘤治療の名医のひとり・柿木院長の画像
略歴
1965年 大阪私立大学医学部卒業
1970年 厚生会 高津病院 外科勤務
1980年 厚生会 高津病院 外科部長
1999年 厚生会 高津病院 院長
2004年 柿木外科クリニック 院長
専門医など
-
実績
1965年から四肢の循環障害の治療に携わり、現在に至るまで10,000例以上の様々な症例を診察する。特に下肢静脈瘤の日帰り手術においては、2004年の開院以来、5,400例を超える手術症例数があり、長年に渡る経験、手術実績を生かし、症状に合わせた最適な治療を提供している。

坂本一喜院長(なんば坂本外科クリニック)

坂本一喜院長
(なんば坂本外科クリニック)
大阪の下肢静脈瘤治療の名医のひとり・坂本院長の画像
略歴
1996年 奈良県立医科大学 卒業 岸和田徳洲会病院 入職
2006年 岸和田徳洲会病院 外科医長
2010年 岸和田徳洲会病院 内視鏡外科部長
2013年 岸和田徳洲会病院 外科統括部長
2015年 なんば坂本外科クリニック開設
専門医など
日本外科学会認定 外科専門医
日本救急医学会 救急医専門医
日本内視鏡外科学会認定 内視鏡外科技術認定医
日本消化器外科学会認定 消化器がん外科治療認定医
日本脈管学会認定 脈管専門医
血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
実績
奈良県立医科大学卒業後、岸和田徳洲会病院に入職し初期研修を行い、一般外科、消化器外科を専門として診療と手術技術の向上に努める。大腸がん、胃がんの手術、腸閉塞や急性虫垂炎など緊急を要する手術、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤などの日帰り手術を三つの柱とし、1999年からは下肢静脈瘤専門外来で1200件以上の手術を実施する。正確で安全な日帰り手術を、より満足度高く受けてもらえるよう下肢静脈瘤、鼠径ヘルニアの日帰り手術専門クリニックを開業する。
日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】