下肢静脈瘤の治療方法一覧

下肢静脈瘤の治療方法(弾性ストッキングやストリッピング、レーザー、高周波)を調べた内容を分かりやすくまとめています。

足の血管が浮き出る症状が特徴的な下肢静脈瘤。治療には様々な方法が採用されますが、クリニックによっても得意とする手段が異なるようです。

目 次

圧迫療法

伸縮性がある医療用弾性ストッキングや弾性ソックスので足全体を圧迫して、静脈の還流をサポートし、血液の循環をスムーズにする治療法。

足がだるかったり、むくんだり、こむら返りが起きる場合にも有効です。

下肢静脈瘤の
圧迫療法を詳しく見る

硬化療法

下肢静脈瘤のある部位の静脈の中に注射で硬化剤を注入し、皮膚の上から圧迫して血管の内壁をくっつけたり、血栓で血管をふさいだりする治療法。

静脈がふさがれても血管は退化して、やがて組織に吸収されます。

下肢静脈瘤の
硬化療法を詳しく見る

ストリッピング手術

静脈弁が閉じなくなって弁不全を起こし、血液が逆流している静脈を引き抜いてしまう治療法です。

足の付け根と足首を切開して、手術用のワイヤーを通して施術を行います。

下肢静脈瘤の
ストリッピング手術を詳しく見る

レーザー治療

静脈の逆流を防止する弁が壊れて血液が逆流し静脈瘤となった血管に、極細のレーザーファイバーを挿入して静脈の内側を熱で焼き、血管をふさぎます。

血液が流れなくなった静脈は繊維化して、数カ月で身体に吸収されます。

下肢静脈瘤の
レーザー治療を詳しく見る

高周波治療

血管にカテーテルを挿入し、患部となる静脈を高熱で焼く方法。レーザー治療はレーザー照射で焼くのに対し、高周波治療はカテーテル自体の熱で焼くという違いがあります。

下肢静脈瘤の
高周波治療を詳しく見る

グルー治療

グルー治療とは、血管の中にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、そこからグルーと呼ばれる医療用接着剤を注入。血管を固めて閉鎖させる方法です。

医療用接着剤は安全性の高い素材で作られたもので、問題のある静脈を瞬間的にふさぐことができます。

下肢静脈瘤の
レーザー治療を詳しく見る

高位結紮術

下肢静脈瘤の主な原因である静脈弁が閉じなくなって弁不全の静脈を縛って、血液が逆流するのを防ぐ治療法です。

局所麻酔での施術が可能で比較的簡単な手術ですが、数年後に再発するというデメリットもあり、現在では単独の施術は少なくなっています。

下肢静脈瘤の
高位結紮術を詳しく見る

Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。