下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤の治療方法一覧

下肢静脈瘤の治療方法一覧

下肢静脈瘤の治療方法(弾性ストッキングやストリッピング、レーザー、高周波)を調べた内容を分かりやすくまとめています。

いろいろある下肢静脈瘤の治療方法

足の血管が浮き出る症状が特徴的な下肢静脈瘤。治療には様々な方法が採用されますが、クリニックによっても得意とする手段が異なるようです。

圧迫療法(弾性ソックス) 硬化療法 ストリッピング手術
下肢静脈瘤の圧迫療法(弾性ソックス) 下肢静脈瘤の硬化療法 下肢静脈瘤のストリッピング手術
伸縮性がある医療用弾性ストッキングや弾性ソックスので足全体を圧迫して、静脈の還流をサポートし、血液の循環をスムーズにする治療法。
足がだるかったり、むくんだり、こむら返りが起きる場合にも有効です。
詳しくはこちら≫
下肢静脈瘤のある部位の静脈の中に注射で硬化剤を注入し、皮膚の上から圧迫して血管の内壁をくっつけたり、血栓で血管をふさいだりする治療法。
静脈がふさがれても血管は退化して、やがて組織に吸収されます。
詳しくはこちら≫
静脈弁が閉じなくなって弁不全を起こし、血液が逆流している静脈を引き抜いてしまう治療法です。足の付け根と足首を切開して、手術用のワイヤーを通して施術を行います。
詳しくはこちら≫
レーザー治療 高周波治療 -
下肢静脈瘤のレーザー治療 下肢静脈瘤の高周波治療

-
静脈の逆流を防止する弁が壊れて血液が逆流し静脈瘤となった血管に、極細のレーザーファイバーを挿入して静脈の内側を熱で焼き、血管をふさぎます。
血液が流れなった静脈は繊維化して、数カ月で身体に吸収されます。
詳しくはこちら≫
下肢静脈瘤のある部位の静脈の中に注射で硬化剤を注入し、皮膚の上から圧迫して血管の内壁をくっつけたり、血栓で血管をふさいだりする治療法。
静脈がふさがれても血管は退化して、やがて組織に吸収されます。
詳しくはこちら≫
日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】