下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤の治療方法一覧レーザー治療

レーザー治療

血管内治療のレーザー手術について調べました。下肢静脈瘤のなかで、どのような症状に適するのか、またその費用目安についても掲載しています。

下肢静脈瘤の代表的な治療方法であるレーザー治療

血管内レーザー治療には、静脈にレーザーファイバーを挿入する「血管内レーザー焼灼術」と「体外照射レーザー治療」の2種類があります。

血管内レーザー焼灼術

下肢静脈瘤の血管内レーザー治療波長810nm、980nm、1320nm、1470nm、2000nmのレーザーが使用されます。おもに血管がヘビのように足の表面に浮き出る、伏在静脈瘤に適用されます。

静脈の逆流を防止する弁が壊れて、血液が逆流し静脈瘤となった血管に、極めて細いレーザーファイバーを挿入。静脈の内側を熱で焼き、血管をふさぎます。血液が流れなった静脈は繊維化して、数カ月後には体組織に吸収されます。

効果はストリッピング手術と同等ですが、傷口がなく出血も少なく身体に負担のかからないのが特徴です。下肢静脈瘤の血管内レーザー治療は、当初術後長期データがないことなどから、できるクリニックが限られていました。ですが、現在は世界中で数多くのレーザー治療が行われ、安全性と有効性も確認されています。 

また、2011年から980nmのレーザー、2014年5月には1470nmのレーザーが保険承認され、治療できるクリニックや病院も増えてきています。

体外照射レーザー治療

下肢静脈瘤の種類である「網目状静脈瘤」や「クモの巣状静脈瘤」では、血管は浮き出てきませんが、赤や青の細かい血管が広がっているので視覚的に気持ち悪いなど、外見上の問題があり、さらにむくみや痛みなどの症状が出ることもあります。

これまで、治療には硬化療法が適用されてきましたが、最近では体外照射タイプ(ロングパルスYAGレーザー)が使われるようになってきました。ロングパルスYAGレーザーは、血管壁を変性、収縮させるので、一定間隔で断続的にパルス照射することで血管を縮ませて塞ぐことができます。

体外照射レーザーの治療時間は、だいたい30分~1時間で、治療後すぐに帰ることができます。合併症を最低限にするために、複数回に分けて照射が行われます。

レーザーの種類

現在、血管内レーザー焼灼術に使用されているレーザーは次のようなものがあります。

  • 810nm Diomed D15ダイオードレーザー Diomed社
  • 980nm ELVeSダイオードレーザー:CeramOptec社 2011年1月から保険適用
  • 1320nm CTEV YAGレーザー Cool Touch社:パルスモード照射なので時間がかかる
  • 1470nm ELVeS ダイオードレーザー CeramOptec社:2014年5月からから保険適用
  • 2000nm Revolix jrレーザー LISA社

いまのところ、2000nmのレーザーが波長が最も長く、水分の吸収が良く、組織との反応が優れています。照射熱量が少ないうえ、手術時間は短くすむだけでなく、合併症も少ないので最も負担が少ない効果的な治療であるといえます。

レーザー手術に適した下肢静脈瘤のタイプと治療費

血管内レーザー焼灼術に適している下肢静脈瘤は「伏在型静脈瘤」、体外照射レーザー治療に適している下肢静脈瘤は「網目状静脈瘤」や「クモの巣状静脈瘤」です。治療費の目安は50,000円程度で、保険が適用できます。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】