下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤の治療方法一覧ストリッピング手術

ストリッピング手術

下肢静脈瘤(伏在型静脈瘤)の標準的な治療法であるストリッピング手術について、手術に適したタイプの症状や、治療費用の目安などをまとめました。

下肢静脈瘤の標準的治療法であるストリッピング手術

下肢静脈瘤のストリッピング手術ストリッピング手術は、静脈弁が閉じなくなって弁不全を起こし、血液が逆流している静脈を引き抜いてしまう治療法です。

足の付け根と足首の2か所を、2~3cm位切開して悪くなった血管の中にストリッパーと呼ぶ手術用ワイヤーを通します。そして、糸を使って血管と結んで固定し、ワイヤーを引き抜くことで静脈弁の壊れた静脈を引き抜いてしまいます。

ストリッピング手術は、下肢静脈瘤の最も標準的な根治的治療方法として、100年以上前から行われてきました。症状のなかでも、最も太いコブをつくる伏在型静脈瘤に対してよく行われる方法です。

なお、治療は全身麻酔や腰椎麻酔、硬膜外麻酔といった下半身麻酔で行うので、1~2週間の入院が必要。 最近では、入院期間を短縮する医療機関が増えたものの、やはり4~5日の入院は必要となります。

静脈麻酔やTLAなどの特殊な局所麻酔を使用することで、日帰り手術ができるようにもなってきています。ただ、これは限られた病院やクリニックでのみ行われている手術なので、もしこちらの手術を希望される場合は問い合わせしてみることをお勧めします。

ストリッピング手術に適した下肢静脈瘤のタイプと治療費

ストリッピング手術に適しているの下肢静脈瘤は「伏在型静脈瘤」。治療費の目安は40,000円程度で、保険が適用できます。

ストリッピング手術のメリットとデメリット

伏在型静脈瘤の根治治療であるストリッピング手術。血管内治療が行えない大きな静脈瘤であっても治療できるという最大のメリットがあります。

しかし、次のようなデメリットがあるのも事実です。

  • 一定期間の入院が必要
  • 切開手術をするために術後に痛みが生じることがある
  • 上手く傷が治らずに化膿することがある
  • 傷痕が残る
  • 皮下出血や神経障害などの後遺症を伴う場合がある

また、手術によってできた傷の修復反応で血管新生が起こってしまい、新たな静脈瘤が発生するというケースも報告されているようです。現在では、伏在型の静脈瘤であってもレーザー高周波による治療が安全で効果的とされています。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】