下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選下肢静脈瘤の治療方法一覧ストリッピング手術

ストリッピング手術

下肢静脈瘤(伏在型静脈瘤)の標準的な治療法であるストリッピング手術について、手術に適したタイプの症状や、治療費用の目安などをまとめました。

下肢静脈瘤の標準的治療法であるストリッピング手術

下肢静脈瘤のストリッピング手術ストリッピング手術は、静脈弁が閉じなくなって弁不全を起こし、血液が逆流している静脈を引き抜いてしまう治療法です。

足の付け根と足首の2か所を、2~3cm位切開して悪くなった血管の中にストリッパーと呼ぶ手術用ワイヤーを通します。そして、糸を使って血管と結んで固定し、ワイヤーを引き抜くことで静脈弁の壊れた静脈を引き抜いてしまいます。

ストリッピング手術は、下肢静脈瘤の最も標準的な根治的治療方法として、100年以上前から行われてきました。症状のなかでも、最も太いコブをつくる伏在型静脈瘤に対してよく行われる方法です。

なお、治療は全身麻酔や腰椎麻酔、硬膜外麻酔といった下半身麻酔で行うので、1~2週間の入院が必要。 最近では、入院期間を短縮する医療機関が増えたものの、やはり4~5日の入院は必要となります。

静脈麻酔やTLAなどの特殊な局所麻酔を使用することで、日帰り手術ができるようにもなってきています。ただ、これは限られた病院やクリニックでのみ行われている手術なので、もしこちらの手術を希望される場合は問い合わせしてみることをお勧めします。

ストリッピング手術に適した下肢静脈瘤のタイプと治療費

ストリッピング手術に適しているの下肢静脈瘤は「伏在型静脈瘤」。治療費の目安は40,000円程度で、保険が適用できます。

ストリッピング手術のメリットとデメリット

伏在型静脈瘤の根治治療であるストリッピング手術。血管内治療が行えない大きな静脈瘤であっても治療できるという最大のメリットがあります。

しかし、次のようなデメリットがあるのも事実です。

  • 一定期間の入院が必要
  • 切開手術をするために術後に痛みが生じることがある
  • 上手く傷が治らずに化膿することがある
  • 傷痕が残る
  • 皮下出血や神経障害などの後遺症を伴う場合がある

また、手術によってできた傷の修復反応で血管新生が起こってしまい、新たな静脈瘤が発生するというケースも報告されているようです。現在では、伏在型の静脈瘤であってもレーザー高周波による治療が安全で効果的とされています。

ストリッピング手術の事例

山本クリニック

下肢静脈瘤は、妊娠後や加齢・遺伝など原因はさまざま。脚が重い感じ、ふくらはぎの不自然な痛み、太く蛇行した血管があるなどの症状があれば静脈瘤検査をし「下肢静脈瘤」と診断されると、手術が必要となります。

山本クリニックにおいては、根元からその原因を取り除き、再び発生する確率が少ない手術方法、ストリッピング手術を用いて下肢静脈瘤の手術を行います。ストリッピング手術は2タイプあり「大伏在静脈瘤ストリッピング手術」と「小伏在静脈ストリッピング手術」のいずれかで、症例により治療します。

大伏在静脈瘤ストリッピング手術は、足の付け根に原因がある場合に行う治療法です。 治療の手順は、まず足の付け根に2cmほど、切開で静脈瘤の根部を糸で縛り切除。次に膝の内側に5mm程度の切開を行い、静脈瘤を取り除き、ワイヤーを足の付け根まで入れ、太ももの内側にある静脈瘤を全て引き抜きます。3時間ほど経てば歩行が可能となり、日帰りできます。

小伏在静脈ストリッピング手術は、膝の裏に逆流している場合の治療に最適です。 膝裏の小伏在静脈の根部で弁が壊れ、逆流している部分と抜去伏在静脈本幹にそって局所麻酔。次に、膝裏を2cmほど切開して逆流してくる静脈の根部を糸で縛り切り取ります。本幹のアキレス腱側下部を5mm切開しワイヤーを挿入、小伏在静脈本幹を全て抜き切除します。手術後、すぐに歩行可能となり日帰りができます。

ストリッピング手術ができる医院・クリニック

坂田血管外科クリニック

  • 特徴
  • 開院後、ストリッピング手術約8,700件の実績を誇る、高い技術で安心な治療ができると評判の下肢静脈瘤専門クリニック。
  • 住所
  • 大阪府大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3階
  • アクセス
  • 北浜駅徒歩1分/淀屋橋駅直結
  • 診察時間
  • 月・火・水・金・土 14:00〜18:00 ※9:00〜12:00は手術
  • 休診日
  • 木・日・祝日
  • 公式サイト
  • http://sakataclinic.com/

梅田血管外科クリニック

  • 特徴
  • 最新の高周波・レーザー治療を取り入れた下肢静脈瘤専門クリニック。
    血管外科医としての豊富な経験にもとづき、適切な診断と検査を実施。
  • 住所
  • 大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5F
  • アクセス
  • 北新地駅 徒歩4分/東梅田駅 徒歩5分/梅田駅 徒歩6分 
  • 診察時間
  • 月・火・金・土 14:00〜17:00 ※9:00〜13:00は手術< (水:禁煙外来/12:00まで)
  • 休診日
  • 水(午後)・木・日・祝日
  • 公式サイト
  • https://www.umeda-vvc.com/

なんば坂本外科クリニック

  • 特徴
  • 下肢静脈瘤と脱腸の日帰り手術に特化した専門クリニック。正確な技術と体制、サービスを提供。
  • 住所
  • 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目10-4 南海野村ビル4F
  • アクセス
  • なんば駅 徒歩3分/難波駅 徒歩3分
  • 診察時間
  • 月・火・木・金・土 9:00〜18:00 ※手術などで時間変動あり
  • 休診日
  • 水・祝日、第1・3・5日曜、第2・4日曜の翌月曜
  • 公式サイト
  • https://nmb-ssc.jp/

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】