下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

下肢静脈瘤の症状、種類、発症原因、放置した場合どうなるか、予防方法、検査方法、手術費用などについて解説しています。

知っておきたい下肢静脈瘤のすべて

血管にコブのようなものができる下肢静脈瘤という病気について、様々な疑問を調べてみました。

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤治療とは足の静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れて、血液が逆流することによって血液が固まりコブのようになったものです。

代表的な症状

足の血管が浮き出す、脚がむくむ、明け方、つるようになったなどの症状があると下肢静脈瘤である可能性が高いです。

4つの種類

下肢静脈瘤には伏在静脈瘤、側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤の4つの種類があります。

発症する原因・なりやすい人

加齢、性別、遺伝、仕事、身長、スポーツ、仕事、ピルなどが下肢静脈瘤が起きる原因と言われています。

痛みの内容

下肢静脈瘤に伴う痛みの原因にはこむら返り、血管拡張、血管炎、浮腫性などがあります。

放置するとどうなるか

命にかかわることはないものの、自然に改善したり治ったりすることはなく、だんだん悪化していく病気で、潰瘍となってしまい治りにくくなったり、ひどい皮膚疾患をおこすことがあります。

予防方法

予防には、マッサージ、運動、食事などの生活習慣の改善が有効です。

診断・検査方法

下肢静脈瘤の診療科目は血管外科、できることなら専門クリニックに行きましょう。

手術費用の目安

手術は保険適用となりますが、弾性ストッキングなど、手術や薬以外の保存的治療の場合は自費となります。

下肢静脈瘤Q&A

内服薬で治る?再発する?自然に治る?放置すると命にかかわる?など下肢静脈瘤に関するQ&Aをまとめました。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】