下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて発症する原因・なりやすい人

発症する原因・なりやすい人

加齢や仕事など下肢静脈瘤が発症する原因を解説。現在の患者数データなども。足の血管が浮き出るといった症状の人は必見ですよ。

下肢静脈瘤のおもな原因

足の血管が浮き出る下肢静脈瘤。脚の表面を走行する静脈が、コブのように盛り上がり、ヘビのようにクネクネと折れ曲がって見えたり、クモの巣や網目状に血管が浮き上がったりする病気です。これは、静脈にある弁が閉じなくなってしまい、血液の流れが滞ることによって発症します。

この下肢静脈瘤がおきる原因を調べてみました。

加齢

加齢によって血管が弱くなると逆流を防止する静脈弁が壊れやすくなり、静脈瘤発生頻度が高くなります。下肢静脈瘤の患者の多くが40代以降というデータもあります。

性別

女性は男性よりも筋力が弱く血液の還流力が弱い上、妊娠時に分泌される黄体ホルモンが血管を柔らかくするので、静脈瘤が発生しやすくなります。出産経験が多いと更に発症率は高いとも。

遺伝

親兄弟などに静脈瘤患者がいる人は発生頻度が高くなります。仕事が理容師、美容師、調理師、看護師、教師、客室乗務員など、1日中立ちっぱなしですごす立ち仕事の人の発症率が高いといわれています。

エコノミークラス症候群

座りっぱなしも発症原因に。エコノミークラス症候群の後遺症で下肢静脈瘤になることもあるそうです。

身長

身長が高くて脚が長い人は、血管が長いので下肢静脈瘤になりやすいという報告があります。

スポーツ

サッカーやマラソンなど、脚を激しく使うスポーツをしていると下肢静脈瘤になりやすそう。

ピル

経口避妊薬(ピル)の長期服用によって、血液が過凝固状態(必要以上に固まってしまうこと)になり、血管が詰まって血流が滞り静脈瘤になることも。

女性の2人に1人が発症?!

下肢静脈瘤は女性の2人に1人が発症?15歳以上の日本人の43%、40歳以上の女性の約10%にあたる人に静脈瘤があり、軽い症状も含めると30歳以上の男女62%に静脈瘤が認められるという報告もあります。

年代別の下肢静脈瘤の割合は、15~29歳で13%、30~49歳で55%、50~69歳で61%、70歳以上で75%、全体で43% となっています。(脈管学28:415-420,1989)

また、出産経験のある女性では成人女性の2人に1人が発症するというデータもあります。(妊娠と静脈瘤 静脈学:255-261,1997)

足がむくむ、だるい、血管が浮き出るなどの症状があった場合、下肢静脈瘤の可能性が高いので注意が必要といえるでしょう。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】