下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて痛みの内容

痛みの内容

こちらでは、こむら返り、血管拡張、血管炎、浮腫性など、下肢静脈瘤に伴う痛みの原因について解説します。

足の血管が痛い・毛細血管が浮き出るなどの原因は下肢静脈瘤かも

足の静脈や毛細血管が浮き出たり、浮き出た静脈が痛かったりする場合は、下肢静脈瘤の可能性が高いです。

下肢静脈瘤は、血液の逆流を防いでいる静脈弁が、なんらかの原因で壊れて閉じなくなってしまい、血液が逆流することによっておこる病気で発症率は年齢とともに高くなります。

下肢静脈瘤の痛み

この病気の症状には、足がつる、だるい、むくむ、痛みなどがありますが、痛みにはどのようなものがあるのでしょうか。

こむら返り

初期から発生する典型的症状。就寝中の明け方に起きることが多く、あまりの痛さで眠れないということもあります。

下肢静脈瘤が原因で血流が滞って乳酸がたまってしまうために、筋肉が痙攣して硬直します。病気が治ればこむら返りの症状もなくなります。

こむら返りは、運動中や睡眠中に足のふくらはぎに強い痛みを感じ、それとともに筋肉が痙攣を起こす症状です。

こむら返りの原因はさまざまですが、夏場は汗をかくため水分不足から発生しやすいといわれています。

そのほか、運動不足の人が急な運動をしたことによるものや、熱中症などもこむら返りの原因として考えられています。

こむら返りがあまり頻繁に起こる場合、病気が原因となっている可能性もあるので注意が必要です。

下肢静脈瘤もこむら返りを起こす原因といわれており、頻繁にこむら返りを起こしていた女性が、下肢静脈瘤の治療を受けたことでこむら返りが起こりにくくなったというレイオあります。

数ヶ月に1度の頻度で起こるのであれば、特に病気を疑う必要はありませんが、週に1回以上こむら返りで目が覚める、また長い時間続いてしまうという人は病院で診察を受けることをおすすめします。

血管拡張

血液が逆流したり血管内に血液が溜まって血管が拡張すると、血管周囲にある知覚神経が引き伸ばされるために痛みを感じることがあります。

血管が浮き出ていなくても痛みは発生し、網目静脈瘤やクモの巣状静脈瘤などでも痛むことも。拡張した静脈瘤を治療すれば痛みは無くなります。

血管拡張の症状は、下肢静脈瘤原因で起こることが多いといわれていますが、下肢静脈瘤がなくても多くの人に見られる症状です。

下肢静脈瘤以外の原因としてはまだ詳細については明らかになっていないものの、ホルモンの影響によるものだと考えられています。

血管拡張の治療は、静脈瘤の治療と同じように注入療法によって行われることが多いです。注入療法ではテトラデシル硫酸ナトリウムなどの溶液を、拡張している血管に注入し、拡張を抑えます。

そのほか、レーザー治療も効果的だといわれています。

これらの治療は、最初は血管拡張の跡が残ったり、再発することもあるので、状況に応じて注入療法、レーザー治療それぞれ複数回の治療を必要とする場合もあります。

血管炎

静脈に血液がたまった状態が続くと血小板が固まって血栓血管炎を起こすことがあります。

血管周囲が赤く腫れあがって熱を持ち激しく痛みますが、1週間くらいで治ります。しかし下肢静脈瘤がある場合、症状を繰り返しながら悪化していくことがあるので、根本的に治すには原因である下肢静脈瘤を治す必要があります。

下肢静脈瘤以外の原因で起こる血管炎には、いろいろな症状や原因があるのでまとめて説明することが難しいのですが、何らかの血管の炎症によって起こる疾患の総称を「血管炎」と呼ぶことが多いです。

血管は全身に巡っているので、血管に障害が起こると、体中のさまざまな臓器に障害が起こるので、血管炎はとても怖い病気です。

血管炎の診察においては、血管の大きさ症状の特徴などを診察して、その症状に応じた治療を行います。

血管炎の代表的な疾患としては、大血管だと巨細胞動脈炎や高安動脈炎があります。

そのほか、中血管の血管炎では川崎病や結節制多発動脈炎、小血管の血管炎ではアレルギー性肉芽腫性血管炎などがあります。

浮腫性

血液の逆流によってたまった血液は血管をふくらませますが、血液中の水分が細胞間に滲みだしてむくみ、痛むこともあります。

むくみでリンパ管が破壊されてリンパ管炎となり、さらに症状が悪化することもあります。

浮腫性とは、下肢静脈瘤で考えると「足のむくみ」を指します。

足のむくみは一時的なものと慢性的なものがあり、生活習慣に気をつけることによって改善されるむくみと、病気と関係していて病気の治療を行わないと改善されないむくみがあります。

一時的なむくみについては、水分をこまめに摂取したり、同じ姿勢で長時間いないこと、

弾性ストッキングを活用することなどで改善されることが多いです。

病気が関係しているむくみでは、肝臓や心臓の疾患があったり、リンパ浮腫という体にリンパ液が溜まってしまうことによるむくみが挙げられます。

エコノミークラス症候群

長時間にわたり狭い場所でじっとしていると下肢深部静脈に血液がたまって血栓ができ、脚が腫れて発熱し痛みを伴う深部静脈血栓症になることがあります。

下肢静脈瘤が部静脈血栓症の直接の原因となるわけではないですが、血液が逆流してたまった血液が原因の1つとなるので注意しましょう。

エコノミークラス症候群は長時間飛行機に乗った後、飛行機を降りて歩き始めると突然呼吸困難やショックを起こす症状です。

ときには突然死をしてしまうこともある怖い症状で、エコノミークラス症候群は長時間の飛行機利用によって引き起こされる「急性肺血栓塞栓症」であるともいえます。

エコノミークラス症候群は、血液が溜まりやすい体質の人や、静脈の血管が傷ついてしまった場合、また静脈の血液の流れが滞っている場合などに起こりやすいです。

日頃から血流について自己ケアをしたり、血管の健康を意識することが、エコノミークラス症候群の発症を防ぐことにつながるかもしれません。

出典:(PDF)関東甲信越ブロック理学療法士学会: 『静脈還流回復時間に基づく実験的エコノミークラス症候群モデル』[PDF]

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】