下肢静脈瘤の痛み

こむら返り、血管拡張、血管炎、浮腫性など、下肢静脈瘤に伴う痛みの原因について解説します。

下肢静脈瘤の可能性が高いといわれる症状には、足の静脈や毛細血管が浮き出る、浮き出た静脈が痛いなどがあります。

目 次

下肢静脈瘤の痛みの原因

こむら返り

下肢静脈瘤で感じる痛みの一つとして挙げられるのが「こむら返り」のような筋肉の痙攣による痛みです。

夜、こむら返りによる痛みを訴える下肢静脈瘤患者の方は少なくありません。こむら返りによる痛みは、下肢静脈瘤の治療で軽減させることができます。

例えば、血管内レーザー治療(EVLA)治療後の症状の改善状況を調べた研究では、こむら返りは90パーセント以上の患者さんが改善したと回答していたことも報告されています。

1.治療成績の比較検討 EV 群の術前自覚症状(主訴)は下腿疼痛(鈍痛)73.4%(200/273), 腫 脹 73.4 %(200/273), 夜 間 の 腓 腹 部 痙 攣41.8%(114/273),掻痒感,皮膚炎 36.7%(100/273),色素沈着 19%(51/273),血栓性静脈炎 6.3%(17/273)であった。

術後 1 カ月において,術前の自覚症状(主訴)の軽快は 94.3%(257/273)で確認され,各々の自覚症状の改善率は下腿鈍痛 93%(186/200),腫脹 88%(176/200),夜間の腓腹部痙攣 91.2%(104/114),掻痒感 91%(91/100),色素沈着 70.6%(36/51),血栓性静脈炎 100%(17/17)であり,いずれも術前と比較して有意に改善し,術後良好な結果が得られた

この研究では、治療前にこむらがえりを訴えていた方が、患者さんの4割に上っていたことも報告されています。

痛みを伴うこむら返りは、よく見られる痛みの原因となる下肢静脈瘤の症状なのです。

血管拡張

下肢静脈瘤では、血管内に血液が溜まり、血管が押し広げられるような状態(血管拡張)になることが原因で、痛みを生じることもあります。

これは、血管の周りに走っている知覚神経が、血管の拡張と同時に引きのばされて刺激が与えられることが直接的な痛みの要因です。

血管拡張を改善してあげれば、痛みも改善します。血管拡張による痛みを軽減するための治療法には、下肢静脈瘤硬化療法や、レーザー治療などが用いられます。

下肢静脈瘤硬化療法とは、静脈瘤ができている血管内に硬化剤を注入して、静脈瘤を閉じさせる治療方法です。

再発率は他の治療法と比べて高いケースもあるものの、簡単にできる治療法で、治療費用も安く、保険適用もされる治療方法です。

下肢静脈瘤硬化療法 下肢静脈瘤内に硬化剤を入れて,静脈瘤を閉塞させ,静脈瘤が線維化消失することを期待した医療コストが少ない方法である.

硬化剤として当初高張食塩水が使用されていたが,界面活性剤であるポリドカノールが保険適応されるようになり,術後疼痛の軽減がなされ,さらにポリドカノールの効果を高めるために硬化剤に空気を混ぜた(硬化剤 1 に対して空気 3~5)泡状硬化剤が使用されるようになっている

また、2011年から保険適用になっているレーザー焼灼術も、血管内にカテーテルを留置してレーザーで熱を発生させ、静脈を収縮・閉じさせる治療法で血管拡張に効果があるとされています。

血管内に留置したカテーテルより発する熱にて静脈を収縮,閉塞させる治療である.

熱源はレーザーとラジオ波があり,レーザーはヘモグロビンにより吸収される低波長から水により吸収される高波長のレーザーに移行し,ラジオ波はより広い範囲を一度に焼灼できるようになり,術後の疼痛も従来の手術より少なくなっている

血管炎

下肢静脈瘤を放っておくと、静脈内に溜まった血液中の血小板が固まり、血栓血管炎と呼ばれる症状を引き起こすことがあります。

血栓血管炎になると、血管の周辺が炎症を起こし、赤く腫れて、ときには熱も生じます。

激しく痛むものの、一時的に良くなり、また再発するというサイクルを繰り返します。

血管炎を繰りかえすことで、痛みや炎症も悪化していくため、原因となる下肢静脈瘤を治療することが大切です。

また、血管炎は下肢静脈瘤以外にも、アレルギー性肉芽腫や川崎病など様々な疾患が原因となっていることもあります。

下肢静脈瘤だろう、と侮らずに、痛みを感じるようなら、かかりつけ医に相談してみるといいでしょう。

むくみ(浮腫性)

足のむくみは、痛みだけでなく、倦怠感やだるさを生じさせる症状です。

下肢静脈瘤は血管の逆流弁がうまく機能しなくなり、静脈を通って血液が心臓に戻る働きが弱まっています。そのため、足部分に血液が溜まり、むくんでいるように感じることも。

弾性ストッキングや、下肢静脈瘤の治療としてレーザー焼灼術や硬化療法などをすれば、むくみが改善されることもあります。

あまりにむくみがひどいようなら、まずは弾性ストッキングを使用して見ながら、経過によって他の治療方法もドクターと相談してみましょう。

エコノミークラス症候群

下肢静脈瘤と、エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)は基本的には違う病気です。

下肢静脈瘤が静脈内の血液が逆流してコブ状になるのに対し、エコノミークラス症候群は何らかの原因でできた血栓が血管を塞いでしまう病気です。

エコノミークラス症候群は命の危険がありますが、基本的に下肢静脈瘤は命の危険まではない病気と考えられています。

また、下肢静脈瘤とエコノミークラス症候群が合併する頻度に関しては詳しい研究は今の所ありません。

しかし、下肢静脈瘤の方の約4~5%に、深部静脈血栓症が合併していたという研究結果も報告されています。

深部静脈血栓症は、血の塊が万が一、肺や心臓などに流されて、肺の血管を塞いでしまえば命を落とす危険もあります。

だからこそ、関係ないから…と、下肢静脈瘤を放置せずに、きちんと治療をしていきましょう。

一次性下肢静脈瘤(Vx)に無症候性深部静脈血栓症(DVT)が合併する頻度は不明である.

われわれは,一次性 Vx として愛誠病院下肢静脈瘤センターを初診した患者を対象に後方視的に検討した.

2010 年 1 月から 2011 年 3 月の間に一次性 Vx と診断し超音波検査により深部静脈を精査した患者は 431 人だった.431 人中 20 人,4.64%に DVTを認めた

血栓性静脈炎

先程ご紹介した、痛みを伴う血管炎の中でも、静脈にできた血栓が原因で静脈に炎症が起こっているものを「血栓性静脈炎」と呼びます。

下肢静脈瘤の症状が悪化した段階で生じることがあり、放置していれば治ることはあまりありません。

下肢静脈瘤以外にもベーチェット病や悪性腫瘍などの病気の合併症として発症する場合がありますので、きちんと医師に判断を仰ぎましょう。

【血栓性静脈炎】おもに表在静脈の血栓による静脈炎をいう(深部静脈に生じるものは深部静脈血栓症として区別する).

バージャー病,ベーチェット病,凝固線溶系異常,血小板増多症,悪性腫瘍などに合併して生じるが,下肢では静脈うっ滞に伴い生じるものが多い.

上肢では静脈注射など医原性が多い

記事作成の参考にしたサイト

Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。