下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて予防方法

予防方法

こちらでは、運動やマッサージ、日ごろの生活習慣など、下肢静脈瘤の予防になるといわれている方法を紹介します。

下肢静脈瘤を予防する方法

40代以上の女性に多く発症する下肢静脈瘤。放っておくとどんどん進行し、潰瘍を起こしたりして、一度発症すると自然と治ったり改善したりすることはありません。

生命にかかわるということはありませんが、女性にとって見た目が気持ち悪いという外見上の問題もあるので、できれば発症しないように予防したいもの。では、下肢静脈瘤するにはどのような方法があるのでしょうか。

予防に有効なふくらはぎマッサージ

ふくらはぎは血液を押し上げて心臓に送るという血流に対して大切な役割を持っているので「第二の心臓」とも呼ばれています。動脈で末端に運ばれた血液は、ふくらはぎの筋肉の収縮で再び心臓へと送られるので、ふくらはぎの筋肉を衰えさせないケアはとても重要なのです。

筋力は加齢によって衰えますが、そうするとふくらはぎの収縮が減ってしまいます。 筋肉の衰えを防止するためにはふくらはぎのマッサージが有効。マッサージの方法としては、血管が浮いているようなところは避け、力を入れず、優しく血液を足の付け根に戻すような感覚で足先からさするように行ってください。お風呂上りに行うとさらに効果的です。

適度な運動も予防に効果的

適度な運動をすることも血流がよくなり、足の筋力が高まるので下肢静脈瘤予防に有効です。歩く時は、足先から足を付いて蹴り上げるようにし、ふくらはぎの筋肉を意識して歩くととふくらはぎの運動になります。

立っている時は足先をつけたまま踵を上げると、ふくらはぎに負荷がかかるのでおすすめ。また、立ち仕事やデスクワークをしている方は、時々軽く運動したり、足をあげたりするようにしましょう。できれば運動後には、軽くふくらはぎのマッサージをおこなうようにしてください。

食事などの生活習慣

生活習慣は健康に大きな影響を与えます。まず、下肢静脈瘤の原因の一つとして挙げられるのが肥満なのですが、普段から塩分や油の多い食事ばかり食べている方は肥満につながりやすいので食生活を見直してみましょう。緑黄色野菜を十分にとってバランスの良い食生活を送ることが大切です。

それから、睡眠時間が不足すると免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまいます。喫煙は体の中に有害物質をため込む原因にもなり、百害あって一利なしと言われているのでできるだけ禁煙に努めましょう。

お酒は適量であれば健康にもつながると言われていますが、これは週に2日間程度の休肝日を取り入れて毎日少量のみたしなんだ場合の話です。お酒の飲みすぎは体を壊す原因にもなるので毎日晩酌をしている方は適量かどうか確認してみましょう。

不規則な生活を送るのもよくありません。不規則な生活を送ると食事の時間も変動しやすく、長時間空腹状態が続くと体は次に入ってきた食事の栄養素をできるだけ取り入れようと動いてしまうのです。これが肥満を招くことにもなるので、できるだけ健康的な一日のスケジュールを考えて生活してみてくださいね。

時間がなくてなかなか体を動かす機会が取れない方もいますが、運動不足も肥満につながる原因です。それだけでなく、血糖値やコレストロール値、中性脂肪値、血圧もコントロールが難しくなり、生活習慣病のリスクが高まります。

体の衰えも生活習慣病を引き起こす原因です。年をとると誰でも少しずつ血管が老化してしまいますが、血管の老化は下肢静脈瘤の大きな原因になるため、できるだけ若いうちから健康的な生活を送れるように考えてみるのがおすすめです。

生活習慣病は自分でも気づかずに行っている日々の行動の中に原因が隠れているため、毎日の生活を振り返ってみましょう。

サプリメントでの予防

健康な体を目指す際によく取り入れられているのがサプリメントです。下肢静脈瘤はサプリメントで予防できるのでしょうか。

まず、かなり初期段階であれば多少効果が期待できる場合もあります。下肢静脈瘤は血流が滞ることに大きな原因があるため、血流の改善に働きかけてくれる成分などは期待できるでしょう。

例えばピクノジェノールです。ピクノジェノールとは海岸松の樹皮からのみ抽出できる水溶性のフラボノイドのことなのですが、静脈を強化する働きを持っており下肢静脈瘤への効果も期待されています。

他には鉄分も不足しないようにサプリメントで補いましょう。鉄分が不足するとコラーゲンの合成がうまくできなくなり、血管の繊維も作られなくなってしまいます。これにより血管の状態が悪化することがあるのですが、下肢静脈瘤改善のためには健康的な血管を目指すことが大切なので、鉄分の持っている役割は非常に大きいといえるでしょう。

サプリメントはあくまで薬ではないので過剰な期待はできませんが、健康管理に役立つものもあるのでチェックしてみてくださいね。

漢方での予防

漢方は自分の持っている免疫力を高め、身体に起きる不調と戦う目的で取り入れられます。例えば、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方には血の廻りをスムーズにする働きがあり、血行が悪くなることに大きな原因がある下肢静脈瘤の改善に役立ってくれるでしょう。

他には、血行だけでなく水分をスムーズに運んでくれる疎経活血湯(そけいかっけつとう)を選択する方もいます。ただ、漢方薬は西洋薬に比べて働きが穏やかだと言われているものの、自己判断で飲むのはおすすめできません。

必ず漢方薬の専門医に相談をした上で取り入れてみましょう。漢方薬の効果が高いと言われているのは、一人ひとりの症状に合った最適な組み合わせで処方ができるからです。

オーダーメイドタイプの治療薬ともいえるので、自己判断で適当に飲んだとしても高い効果は期待できないでしょう。自分では効果的だと思って取り入れていたものがかえって状態を悪化させてしまう可能性もあるので、注意してみてくださいね。

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】