下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて代表的な症状

代表的な症状

血管が浮き出るといった症状でなくても、足のだるさやつることが多くなったら、それは下肢静脈瘤の初期症状かもしれません。

下肢静脈瘤の初期症状

「足の血管が浮き出してきたような気がする」「脚がむくむ」「明け方、つるようになった」などの状態に心当たりがある人は、もしかしたら下肢静脈瘤になりかけているかもしれません。

この病気は足に血液が溜まるためにおこるので、ほとんどの症状はふくらはぎにおきます。また、午後から夕方にかけて症状が強くなる傾向があります。

【むくみ】

これまでむくみが気になることがなかったのに、むくみを感じるようになったら下肢静脈瘤の初期症状かもしれません。

特に、押すとへこんで元に戻らないようなむくみなら要注意。

■チェック方法■

  1. すねの骨のあたりを指で強く押す(5秒)
  2. 指を離して5秒以内にへこみが戻らなければむくんでいる

もちろん、むくみが必ず下肢静脈瘤の初期症状とは限りません。

ですが、ほかの初期症状も当てはまる、だんだんと症状がひどくなってきているといったことがあれば、医療機関で診察を受けた方が良いでしょう。

【こむらがえり】

睡眠中(明け方)に脚がつってしまうことが増えたというのも、下肢静脈瘤の初期症状である可能性があります。

運動後や栄養不足のときにも起こる症状なので見落としてしまいがちですが、下肢静脈瘤が軽症のうちによく現れる症状です。

【血管が目立つ】

「血管が浮き出て見える」「前よりも血管が目立つ」と感じるなら、下肢静脈瘤である可能性があります。

くもの巣状や網目状の血管が目立って見える状態であれば軽症で、特別治療をする必要はありません。

血管がデコボコと浮き出る”伏在型(ふくざいがた)”であれば、治療の必要があり、放置すれば症状が進行していきます。重症化すると、手術をしなければならくなることも。

下肢静脈瘤症例

引用元:下肢静脈瘤のこと| 下肢静脈瘤について知ってください(最終閲覧日2017年9月25日)

http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_ttl

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状には、次のようなものがあります。

ふくらはぎがだるい、
重い、ほてる、熱
血液がよどんでたまることが原因。
つる(こむらがえり) 血液循環が悪いため足がつることがある。
むくみ(浮腫) 静脈圧が高くなって血管内から水分が外へ染み出ることが原因。
かゆみや湿疹などの皮膚炎 進行すると皮下組織が繊維性変化で硬くなる。
色素沈着、潰瘍 血液成分に含まれる色素が沈着することがある。
潰瘍 静脈が拡張しているので出血しやすく、皮膚が弱くなっているので傷ができやすく潰瘍化しやすい。血液循環が悪いので治りにくい。
血管が浮きでて見える 血管が浮き出て気持ちが悪い、スカートがはけないなどの外見上の問題がある。

これらの症状は、変形性膝関節症や脊柱管狭窄症などでも起こるので、専門医の診察をおすすめします。

また、上記の症状のうち、伏在型の下肢静脈瘤が悪化することで現れる症状は以下の通りです。

【皮膚炎(湿疹・脂肪皮膚硬化症)】

脚に静脈瘤ができると、血流が悪くなり、脚の筋肉に十分な酸素が届かなくなります。

この酸欠状態が続くことで皮膚組織が変化し、湿疹や脂肪皮膚硬化症などの皮膚炎を引き起こすのです。これを、うっ滞性皮膚炎(うったいせいひふえん)と呼びます。

【皮膚潰瘍(ひふかいよう)】

皮膚炎の症状がさらに悪化すると、潰瘍ができます。胃潰瘍になると胃に穴があいてしまうのと同じように、皮膚潰瘍になると皮膚に穴があきます。

この症状が出ても放置を続ければ、最初は小さな穴であっても、どんどん穴が拡がって大きくなっていきます。

下肢静脈瘤自体は命に関わる病気ではないですし、悪化して上記の症状が出ても治療すれば治ります。

ですが、あまり放置していると治療が長引いたり、跡が残ったりして完治することが難しくなる可能性があるのです。

特に伏在型の下肢静脈瘤は、皮膚炎の症状が出てしまう前に治療を始めるのが望ましいでしょう。

下肢静脈瘤の悪化

引用元:下肢静脈瘤のこと| 下肢静脈瘤について知ってください(最終閲覧日2017年9月25日)

http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_ttl

下肢静脈瘤は、軽症(くもの巣状:網目状、側枝型)であれば、手術の必要はありません。急激に悪化することもないので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

ただし、軽症の場合であっても自然に治ることはないので、見た目が気になる場合には治療を検討しましょう。

また、治療が必要な伏在型と軽症の正確な判断は、医師でなければできません。

ここで紹介した症状に当てはまるものがあれば、一度医療機関で診てもらった方が安心です。

40歳以上の女性に多い

下肢静脈瘤は40歳以上の女性に多く、年齢が上がるほど増えていきます。また、日本人の15歳以上の男女43%、30歳以上の62%に静脈瘤が認められ、患者数は1000万人以上といわれています。(脈管学28:415-420,1989)

下肢静脈瘤になりやすい人

下肢静脈瘤に悩む男性原因には遺伝もあり、両親ともに下肢静脈瘤の場合、子供が発症する確率は90%といわれています。また、出産経験のある女性の約半数が発症するともいわれていますが、これは妊娠時にはホルモンの影響で静脈が柔らかくなり静脈弁が壊れやすくなるためです。

職業では、理・美容師、調理師、販売員など立ち仕事の人に多く、1日10時間以上立っている場合、重症化する傾向があります。他には、肥満、便秘なども下肢静脈瘤の原因になります。

下肢静脈瘤治療における名医の条件(大阪)

大阪にある下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧

下肢静脈瘤の手術を受けた人の体験談まとめ

下肢静脈瘤の治療方法一覧

足の血管が浮き出る?下肢静脈瘤セルフチェック

10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて

サイトマップ

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】