下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

血管にコブができるなどの症状があらわれる、下肢静脈瘤とはどのような病気か調べた内容をまとめました。

足の血管にコブが!?下肢静脈瘤とは…

下肢静脈瘤の血管内の様子人間は立って生活しているので、足の静脈は重力に逆らって、血液を下から上に送らなければなりません。ただ、なんらかの原因で静脈弁が壊れると血液は逆流し、血管に血液がたまってコブのようになります。

この状態が長く続くと、徐々に静脈壁がのばされて太くなり、グネグネと曲がりくねって盛り上がり、下肢静脈瘤となるのです。見た目が悪いのはもちろんのこと、静脈中の圧力が高くなったり、汚れた血液が足にたまったりすることで、様々な症状がおきてきます。

足の静脈の仕組み

足の静脈には、主に次の3つがあります。

  • 表在静脈(ひょうざいじょうみゃく)…皮膚の下を流れ、太ももからふくらはぎの内側を流れる大伏在静脈(だいふくざいじょうみゃく)と、ふくらはぎのうしろを流れる小伏在静脈(しょうふくざいどうみゃく)があります。
  • 深部静脈(しんぶじょうみゃく)…筋肉間や筋肉内にある表在静脈より太い静脈。
  • 穿通枝(せんつうし)…穿通枝は深部静脈と表在静脈をつないでいる静脈です。

静脈還流のメカニズムと筋ポンプ作用

静脈還流とは、心臓から出た血液が動脈をとおり、心臓に戻ること指します。

人間のふくらはぎには「筋ポンプ作用」という働きがあります。これは、歩いたり足を動かしたりして、ふくらはぎの筋肉が深部静脈を圧迫し、血液が押し上げられる働きのこと(第二の心臓とも呼ばれています)。ところが、この筋ポンプ作用だけでは十分に心臓に血液を送ることができません。

筋ポンプ作用と逆流を防ぐ静脈弁が一緒に働くことによって、スムーズな静脈還流が行えるのです。

[コラム]動脈と静脈

人体を流れる血管には動脈と静脈があります。 動脈は、心臓から送り出された血液を体内の組織に送って酸素や栄養を供給し、静脈は不要になった二酸化炭素や老廃物を心臓に戻します。この一連の流れのことを静脈還流といいます。静脈還流がスムーズに行えるように、足ではふくらはぎの筋肉による筋ポンプ作用と静脈弁が重要な働きをします。

動脈、静脈ともに構造は内膜、中膜、外膜の3層からなり、動脈は心臓の押し出す血液の圧力に耐えられるように血管壁(中膜)が太く、静脈は血液の量に応じて太さが変えられるように中膜が薄くなっています。そして、静脈には逆流を防ぐために内膜が飛び出して半月上の弁(静脈弁)がついています。この静脈弁のおかげで血液は一定方向に流れることができるのです。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】