下肢静脈瘤治療の名医がいる大阪のクリニック5選10人に1人が発症?下肢静脈瘤のすべて下肢静脈瘤Q&A

下肢静脈瘤Q&A

こちらでは、内服薬で治るのか、再発のケースはどんなものか、弾性ストッキングは有効か、など下肢静脈瘤に関するQ&Aを掲載します。

治療薬はある?再発する?下肢静脈瘤の疑問に答えます

脚の血管がコブのように浮き出る下肢静脈瘤について、よくある疑問とその答えを調べてまとめました。

Q1.内服薬で治るの?

痛みや、あしがつる(こむら返り)を抑える薬はありますが、根本的に静脈瘤を治す薬はありません。

Q2.再発する?

きちんと処置されていれば、ほとんど再発することはありません。再発とは関係なく別の部分に新たな静脈瘤が発生することがありますが、早めに診察を受ければ簡単な処置で済みます。

Q3.弾性ストッキング/弾性ソックスは有効?

医療用弾性ストッキングは、静脈瘤の進行を遅らせる、発症を予防するなどには有効です。静脈瘤自体を治すということはできませんが、治療後の圧迫療法(補助療法)としてしばらく着用します。

Q4.下肢静脈瘤は自然に治る?

血栓が静脈瘤にでき、血液の逆流が止まり、血管が詰まってしまうことがあります。この場合、血栓が小さくなるにつれて静脈瘤が小さくなることがごく稀にありますが、ほとんどの場合、静脈瘤は自然に治ることはなくだんだん病状が悪化していきます。

Q5.下肢静脈瘤を放置すると生命にかかわるの?

100%無いというわけではないですが、めったにありません。静脈瘤中にできた血栓が肺に飛んで肺動脈を詰まらせて死亡することもあると言われていますが、そういった報告はありません。ですが、下肢静脈瘤は深部静脈血栓症を誘発することがあり、血栓が肺や脳に飛んで肺梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もないとはいえません。

Q6.レーザー治療にはどのくらいの時間がかかるの?

手術1時間前くらい前に来院し、術後は約20分で帰宅できます。手術説明などの時間も含めるとクリニックにいる時間は約2~3時間です。現代では、血管内レーザー治療もしくは高周波(ラジオ波)での治療が最も安全とされています。

Q7.手術後すぐに歩けるの?

術後、麻酔が切れればすぐに歩けます。翌日まで弾性包帯を足に巻いているので歩きにくいですが、病院からは当日に歩いて帰れます。

Q8.レーザー、高周波治療の場合、年齢制限があるの?

基本的に年齢制限はなく、10歳代~90歳代まで治療が可能とされています。

日帰り手術ができる下肢静脈瘤の病院ガイド【大阪版】