下肢静脈瘤クリニックなびin大阪 » 八尾市エリアの下肢静脈瘤を治療できるクリニック

公開日:|更新日:

八尾市エリアの下肢静脈瘤を治療できるクリニック

このページでは、八尾市エリアから通える下肢静脈瘤治療に対応しているクリニックを紹介します。院ごとに対応している治療法や医師について解説。豊中市近辺で下肢静脈瘤治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【PR】梅田血管外科クリニック

ホームページのキャプチャ画像
画像引用元:梅田血管外科クリニック(https://www.umeda-vvc.com/lp/)

梅田血管外科クリニックは、保険適応の日帰り下肢静脈瘤レーザー治療を専門に行なっているクリニックです。日本脈管学会脈管専門医が在籍しており、レーザー・高周波・グルーなど複数の治療法をときには組み合わせ、より効果が期待できるプランを提案しています。また、リンパ浮腫療法士による専門ケアなど、下肢静脈瘤治療のほか「足のむくみ」に関する幅広い治療に対応しています。

梅田血管外科クリニックの治療法

Venaseal(グルー)治療

医療用の瞬間接着剤を血管内に注入し、血管を閉塞する治療法。熱を用いない治療なので、血管周囲の組織や神経への侵襲性が低いのが強みです。カテーテル挿入箇所に局所麻酔を行ったうえで、手術を進めていきます。

レーザーカテーテル治療

膝の内側かふくらはぎから細いレーザーファイバーを挿入し、伏在静脈本幹を焼灼する治療法。問題のある箇所のみにアプローチでき、血管外の組織には影響を与えないように自動制御されています。

ラジオ波治療

膝の内側かふくらはぎからカテーテルを挿入し、カテーテル先端から高周波を発することで直接静脈壁を焼灼する治療法。欧米でも多く行われている治療法で、梅田血管外科クリニックでも最も実施されています。

ストリッピング手術

膝の内側から特殊なワイヤー(ストリッピングワイヤー)を通し、弁不全を起こしている静脈を抜き去る治療法。場合によっては、ほかの治療法と組み合わせることもあります。

硬化療法

静脈に血管を固める硬化剤を注入して、血の流れを止めてしまう治療法。施術後は弾性包帯で一定時間以上圧迫を加え続けることが必要です。効果は一時的なものであり、複数回通院する必要がありますが、外来で受信可能です。

弾性ストッキング

足に適度な圧力を加えて、血流の流れを助ける医療用ストッキングを着用する治療法。医師の指導のもと、患者さんに合ったものを選びます。できるだけ長時間履き続けることが大切です。

梅田血管外科クリニック口コミ

ストレスなく受診できた

下肢静脈瘤が心配で受診しました。病院はきれいで、待ち合いもゆったりしていて、予約制のため待ち時間もなかったので、ストレスなく受診できました。

先生もスタッフも気さくな方が多く、心配な点を質問してもていねいに答えていただき、不安なく受診できました。

引用元:epark公式HP:https://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/150583/tab/8/

梅田血管外科クリニック院長の紹介

院長 古林 圭一

古林 圭一院長の経歴
  • 2000年 大阪医科大学医学部卒業
  • 2000年 大阪医科大学附属病院 勤務
  • 2001年 大阪府三島救命救急センター 勤務
  • 2006年 医療法人 春秋会 城山病院 勤務
  • 2013年9月 梅田血管外科クリニック(大阪市北区)開院
古林 圭一院長の資格
  • 医学博士
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
  • 下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 植込み型除細動器(ICD) /  ペーシングによる心不全治療(CRT)治療医

梅田血管外科クリックの概要

クリニック名 医療法人見宜堂 梅田血管外科クリニック
所在地 大阪府大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5F
URL https://www.umeda-vvc.com/
電話番号 06-6232-8601
営業時間 9:00~13:00
14:00~17:00
定休日 水(PM)、木・日

【PR】梅田血管外科クリニックのHPで
WEB予約をする

治療について電話で問い合わせる

八尾市エリアから通いやすい
下肢静脈瘤を治療できるクリニック一覧

八尾徳洲会総合病院

八尾徳洲会総合病院のホームページのキャプチャ画像
画像引用元:八尾徳洲会総合病院(https://www.yao.tokushukai.or.jp/)

八尾徳洲会総合病院では、2021年より心臓血管センターを設置しており、内科・外科の垣根を超えて血管や循環器にまつわる疾患の治療に取り組んでいます。

下肢静脈瘤治療に関しては、患者さんへの負担が少ない血管内治療を優先し、詳細な診断を行ったうえで、個別に適した治療内容を提案しています。また、皮膚潰瘍などが生じるような例では、創傷ケアセンターなどとも連携してチームで医療を提供しています。

八尾徳洲会総合病院の治療法

圧迫療法

医療用のストッキングを着用し、血液の逆流を予防・防止する治療法。あくまで保存的治療ではありますが、他の治療が困難な場合や、症状が軽度である場合、そして他の治療と組み合わせて用いられることがあります。

硬化療法

動脈瘤に硬化剤を注入し、血液の流れを止めてしまう方法。比較的軽度な下肢静脈料に有効な手段で、注射のみで治療が完了します。ただし、効果は一時的なもので、再発する可能性があります。

ストリッピング術

体内に特殊なワイヤーを挿入し、静脈瘤となってしまった血管を抜き去る治療法。下肢静脈瘤の根治が目指せますが、他の治療法と比べると身体的負担が大きく、入院を求められることがあります。

血管内治療

血管内にカテーテルを挿入し、血管内部を焼灼して血流を止めてしまう治療法。傷跡はカテーテル挿入部分のみで済むため、治癒も比較的早いのが強みです。

スタブ・アバルジョン法

皮膚を数ミリ切開し、瘤を直接取り除く治療法。下肢静脈瘤でできてしまった瘤を確実に消去してしまいたい場合に有効な方法です。

八尾徳洲会総合病院の口コミ

本当に感謝でしかないです

入院前に不安な事がありましたが、実際入院してみると看護師さん皆さん対応が素晴らしくて、辛い時も優しく声をかけてくださりお陰で乗り越えれました! 本当に感謝でしかないです。

引用元:Google公式HP:https://www.google.com/maps/reviews/@34.6266677,135.6102428,17z/data=!3m1!4b1!4m6!14m5!1m4!2m3!1sChdDSUhNMG9nS0VJQ0FnSURlNDhHYzdnRRAB!2m1!1s0x0:0xd78439106f230b54?hl=ja

連携体制が安心感

院内は清潔感があり、人間ドック、市のがん検診、不安な病気や気になる症状などで利用させて頂いています。(中略)様々な診療科があるので何か発見された時の連携体制が何よりの安心感だと思います。

引用元:Caloo公式HP:https://caloo.jp/hospitals/detail/1270005690/reviews

八尾徳洲会総合病院の院長の紹介

院長 原田 博雅
原田 博雅院長の経歴
  • 公式HPに記載がありませんでした。
原田 博雅院長の資格
  • 医学博士
  • 心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医・修練指導医
  • 日本外科専門医・指導医
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本脈管学会
  • 日本循環器学会
  • アジア心臓血管胸部外科学会(ACVTS)
  • ヨーロッパ心臓胸部外科学会(EACTS)active member ほか

八尾徳洲会総合病院の概要

クリニック名 医療法人徳洲会 八尾徳洲会総合病院
所在地 大阪府八尾市若草町1-17
URL https://www.yao.tokushukai.or.jp/
電話番号 072-993-8501
営業時間 9:00〜12:00/17:00〜20:00
定休日 土曜午後、日・祝・年末年始

坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニックのホームページのキャプチャ画像
画像引用元:坂田血管外科クリニック(https://sakataclinic.com/)

坂田血管外科クリニックでは、下肢静脈瘤に関するすべての治療を保険診療で提供しています。院長が下肢静脈瘤の治療法に精通しており、詳細な診断を行った上で、症状に合わせた治療法を提案しています。よりよい治療のため、導入する検査機器などにも一層の力を入れているクリニックです。

坂田血管外科クリニックの治療法

レーザー手術

下肢静脈瘤ができている静脈に光ファイバーを通し、ファイバーの先端からレーザー光を照射して、静脈を内側から焼灼して塞いでしまう治療法。保険適用。レーザー機器は複数導入されており、患者さんの下肢静脈瘤の程度に応じて使い分けています。

高周波カテーテル治療

血管内部にカテーテルを通し、カテーテルの先端から高周波を発生させて、下肢静脈瘤が発生している静脈を焼灼して閉じてしまう治療法。装置には安全装置が搭載されており、焼灼温度などは緻密に調整されたうえで進められます。

ストリッピング術

静脈逆流を起こしている伏在静脈の根部を結紮切離し、静脈を抜き去る治療法。カテーテル治療では対応できないような細かい静脈瘤や太く曲がった血管にも対応できるため、カテーテル治療と併用して進められることもあります。

硬化療法

硬化剤(ポリカドスクレロール)を静脈内に注入し、静脈の内壁を接着することで血流を止め静脈瘤を治療する方法。薬剤注入後は、治療部位を圧迫し続けることが必要になるため、患者さん自身のホームケアなども重要になっています。

弾性ストッキング

下腿を圧迫する医療用ストッキングを着用し、静脈瘤の進行を抑制したり予防したりする治療法。保存的治療のひとつで、ストッキングを着用しているときのみ治療効果があります。

坂田血管外科クリニックの口コミ

がんばれました

こちらでの下肢静脈瘤手術から6〜7年になります。妊娠中に左脚に出現し何箇所もあった静脈瘤がもうどこにあったか全くわかりません。術後当日は血が滲んだテープ?まみれで子供を怖がらせましたが傷自体はとても小さなものでした。(後略)

引用元:Google公式HP:https://www.google.com/maps/reviews/@34.6892607,135.506846,17z/data=!3m1!4b1!4m6!14m5!1m4!2m3!1sChdDSUhNMG9nS0VJQ0FnSURock5mMy13RRAB!2m1!1s0x0:0x9d67ebf9c724e50c?hl=ja

下肢静脈瘤専門の病院

下肢静脈瘤のオペを受けて来ました。下肢静脈瘤を専門に診ている病院です。完全予約制ですので電話をしてから行かれるとスムーズにご案内してくれると思います。下肢静脈瘤の診断が出ると手術を進められると思います。手術は日帰りでできるので仕事をしている方でも1日休みを取るか半休取るかで大丈夫だと思います。

引用元:エキテン公式HP:https://www.ekiten.jp/shop_5648553/

坂田血管外科クリニックの院長の紹介

院長 坂田 雅宏
坂田 雅宏院長の経歴
  • 1987年 神戸大学医学部卒業
  • 1987年 神戸大学第2外科入局
  • 1993年 住友病院 心臓血管外科
  • 2009年 坂田血管外科クリニックを開院
坂田 雅宏院長の資格
  • 血管内レーザー焼灼術・指導医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本脈管学会評議員
  • 日本静脈学会評議員
  • 近畿Venous Forum評議員
  • 日本レーザー医学会関西支部会評議員

坂田血管外科クリニックの概要

クリニック名 医療法人 下肢静脈瘤研究会 坂田血管外科クリニック
所在地 大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3F
URL https://sakataclinic.com/
電話番号 06-6121-2368
営業時間 手術 9:00〜14:00
診察 14:00〜18:00
定休日 木・日・祝

ラジオロジークリニック扇町

ラジオロジークリニック扇町のホームページのキャプチャ画像
画像引用元:ラジオロジークリニック扇町(https://radio-gazo.jp/)

ラジオロジークリニック扇町は、CT・MRI・マンモグラフィ・エコーによる画像診断を専門とする「画像診断専門クリニック」(放射線単科)です。下肢静脈瘤治療を担当する院長は放射線科医で、下肢静脈瘤手術の基本に放射線科医としての視点も加えた治療法を提案しています。手術は土日に日帰りで行われるため、平日に時間が取れない方にもおすすめです。

ラジオロジークリニック扇町の治療法

血管内レーザー治療

静脈の中にレーザーファイバーを挿入し、ファイバーの先端からレーザーを照射して血管を内側から閉じる治療法。閉じてしまった血管は吸収され、数ヶ月かけて目立たなくなっていきます。

スタップアバルジョン

皮膚に2〜3mmの小さな創をつけ、瘤になってしまっている血管を切除する治療法。ラジオロジークリニック扇町では、血管内レーザー治療とこの治療法を組合わせることが多くなっています。

硬化療法

血管の内側を固める硬化剤を静脈の中に注入し、血流を止めてしまう治療法。硬化剤は液状のものと泡状のものがあり、症状や患者さんの希望などに応じて選択可能です。一回の効果は一時的なもので、複数回通院するのが基本です。

圧迫療法

患部を圧迫する医療用ストッキングや弾性包帯を着用し、皮膚を通して圧迫圧をかけることで下肢静脈瘤を予防する治療法。下肢静脈瘤の保存的治療になるほか、足のむくみが気になる場合にも、むくみ解消に役立てられます。

高位結紮術

悪くなった静脈の根本を糸で縛り(結紮)、切り離す治療法。逆流している血流の量が少ない場合に用いられる方法ですが、再発する可能性があるため、現在はストリッピング手術や血管内レーザー治療を適用するケースが増えています。

ラジオロジークリニック扇町の口コミ

患者目線で対応していただける

なによりも先生が穏やかに不安に思っていることを丁寧に答えてくださいます。ほとんどの患者は手術が初めてですから緊張します。そんな時に患者目線で対応していただけるのはとてもありがたかったです。看護師さんはテキパキしておられて無駄がないです。必要な事はきっちりと丁寧に説明してくださいます。

引用元:Caloo公式HP:https://caloo.jp/hospitals/detail/2270001830/reviews

親切で丁寧でした

扇町メディックスモールの2階の1番奥にあります。CTを受けに行きましたが、電話応対、受付の方の応対、検査前の診察、CT検査担当の方、全てのみなさんが親切で丁寧でした。1時間程で終わると聞いていたのですが、それより全然早く終了しました。

ビルの奥だからか、クリニック内は待合周辺でも圏外ではないのですが微弱電波で、携帯が繋がりません。ただ検査中なので携帯は不要と思われ、電源を切っておくのもいいかと思います。 自転車で行かれる場合は、ビル下の処方箋薬局の前に駐輪出来ます。

引用元:Google公式HP:https://www.google.com/maps/reviews/@34.7025795,135.5068954,17z/data=!3m1!4b1!4m6!14m5!1m4!2m3!1sChZDSUhNMG9nS0VJQ0FnSUN1NTVxSUhBEAE!2m1!1s0x0:0x7fadcdea42c616fc?hl=ja

ラジオロジークリニック扇町の院長の紹介

院長 宮本 信一
宮本 信一院長の経歴
  • 1984年 大阪医科大学卒業
  • 大阪医科大学病院 小児科
  • 京都大学放射線科・核医学医員
  • 京都大学大学院
  • ドイツケルン市小児病院放射線科 助手 などを歴任
宮本 信一院長の資格
  • 下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
  • 日本脈管学会の脈管専門医
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構 マンモグラフィ読影認定医
  • 日本IVR学会会員
  • 日本乳癌学会会員
  • 日本静脈学会会員

ラジオロジークリニック扇町の概要

クリニック名 医療法人真生会 ラジオロジークリニック扇町
所在地 大阪府大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル(扇町メディックスモール)2F
URL https://radio-gazo.jp/
電話番号 06-6809-6867
営業時間 月〜金 9:00〜19:00(金曜は診察のない日あり)
土曜日 9:00〜17:00
日曜日 手術のみ(要事前予約)
定休日 日曜日

なんば坂本外科クリニック

なんば坂本外科クリニックのホームページのキャプチャ画像
画像引用元:なんば坂本外科クリニック(https://nmb-ssc.jp/)

なんば坂本外科クリニックは、下肢静脈瘤と脱腸の日帰り手術を専門に行っているクリニックです。「安全性」「個別対応」「ホスピタリティ」を大切にし、スタッフ・設備ともに、日帰り手術を提供できるようにしています。ミナミエリアの中心地にあるクリニックで、アクセスが良いのも魅力です。

なんば坂本外科クリニックの治療法

下肢静脈血管内焼灼術

静脈内にカテーテルやレーザーファイバーを挿入し、先端からレーザーや高周波による熱を加えることで血管を焼き縮める(塞ぐ)治療法。レーザーと高周波に対応しており、症状や患者さんの希望などに合わせた方法を提案しています。

静脈瘤切除

皮膚を数mm切開し、目立つこぶ状の静脈瘤を切除する治療法。血管内焼灼術と併せて行うことで、血管内焼灼術では取り切れない瘤にも対応でき、よりきれいな状態にならすことが期待できます。

伏在静脈抜去術(ストリッピング術)

静脈の中にワイヤーを通し、静脈瘤の原因となっている血管を抜き取ってしまう治療法。下肢静脈瘤の根治が目指せる治療法のひとつで、静脈の血管がとくに太い場合や、浅い場合などに行われることがあります。

硬化療法

硬化剤(ポリドカノール)を静脈に直接注入、かつ外から圧迫を加えることで静脈の壁を接着してしまう治療法。薬剤注入後は、治療箇所に圧力を加え続けることが大切です。また、効果は一時的なものなので、複数回通院する必要があります。

弾性ストッキング

圧迫力の強い医療用ストッキングを着用し、余計な血液がふくらはぎにたまらないように圧を加え続けておく治療法。ストッキングの着用が難しい場合、包帯やスポーツ用サポーターを案内してもらうことも可能です。

なんば坂本外科クリニックの口コミ

安心できました

きれいなクリニックで、先生やスタッフの方たちの応対が丁寧で、口調も優しいので安心できます。診察は先生と一対一で、患部を見せる時にも陰部を布で隠すなどの気遣いがあります。診察時は女性スタッフが側にいないので恥ずかしい思いをすることもありません。

引用元:日帰り手術ドットコム公式HP:http://www.1day-surgery.com/review_30942.html

お世話になりました

以前こちらで静脈瘤でお世話になりました。先生はすごい優しく看護師さん達も優しいし、(中略)術後の経過もよく会社の後半(原文ママ)のお母様にもおすすめして行って本当によかったとの事でおすすめです。

引用元:Google公式HP:https://www.google.com/maps/reviews/@34.6642848,135.4989005,17z/data=!3m1!4b1!4m6!14m5!1m4!2m3!1sChZDSUhNMG9nS0VJQ0FnSUN1NS1MSUR3EAE!2m1!1s0x0:0xa78007572bac27e4?hl=ja

なんば坂本外科クリニックの院長の紹介

院長 坂本 一喜
坂本 一喜院長の経歴
  • 1996年 奈良県立医科大学 卒業
  • 1996年 岸和田徳洲会病院 入職
  • 1999年 屋久島徳洲会病院 離島勤務
  • 1999年 岸和田徳洲会病院 外科
  • 2006〜2013年 岸和田徳洲会病院で外科部長、内視鏡外科部長、外科統括部長を歴任
坂本 一喜院長の資格
  • 日本外科学会認定 外科専門医
  • 日本救急医学会 救急医専門医
  • 日本脈管学会認定 脈管専門医
  • 下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会 血管内レーザー焼灼術実施医・指導医

なんば坂本外科クリニックの概要

クリニック名 医療法人 なんば坂本外科クリニック
所在地 大阪府大阪市浪速区難波中1-10-4 南海SK難波ビル(旧南海野村ビル)4F
URL https://nmb-ssc.jp/
電話番号 06-6585-7310
営業時間 9:00〜12:00/14:00〜18:00
定休日 水曜・祝日、第1・3・5日曜、第2・4日曜の翌月曜

いわさきクリニック

いわさきクリニックのホームページのキャプチャ画像
画像引用元:いわさきクリニック(https://iwasakiclinic.net/)

血管外科に下肢静脈瘤外来を設置しているいわさきクリニックでは、日帰りの下肢静脈瘤手術にも対応しています。患者さんそれぞれの原因に即した「痛くない」「日帰りで治る」治療法を提案することを目指しており、患者さんと同じ方向を向いて治療にあたっています。

また、いわさきクリニックには複数の診療科があり、他の診療科とも相談しながら、QOLの向上が目指せる治療を提案しています。

いわさきクリニックの治療法

血管内焼灼術

血管内にカテーテルを挿入し、血管の内側から静脈を焼灼して塞いでしまう治療法。皮膚切開が小さく済むほか、局所麻酔によって痛みなくすすめることが可能なので、治療後は日帰りできます。

ストリッピング手術

弁が壊れて血液が逆流してしまっている静脈を、特殊なワイヤーを使って抜き去ってしまう治療法。治療する箇所と血管の端の2箇所を小さく切開して手術を進めます。動脈瘤の根治が目指せる治療のひとつです。

静脈結紮術

血液が逆流してしまっている静脈を縛って(結紮)切離する治療法。ストリッピング術に比べて逆流している血液の量が比較的少ない場合に適用できる方法ですが、再発する可能性があります。

硬化療法

血管の内側を固める硬化剤を静脈内に注入し、血液の流れを止めてしまう治療法。ほかの治療法と併せて行われることもあります。注射後は注射部位をしばらく圧迫する必要があります。麻酔の必要はなく、日帰り可能です。

静脈瘤切除術

大きく蛇行している静脈を、その周りの皮膚を小さく切開して切除する治療法。ほかの治療法と併せて行われることがあり、より綺麗に瘤を削除することが可能です。

弾性ストッキング療法

血流の逆流を防ぐ効果が期待できる医療用のストッキングを着用し、下肢静脈瘤を予防する治療法。いわさきクリニックでは、下肢静脈瘤のすべての患者さんに着用することを勧めています。

いわさきクリニックの口コミ

対応がよかった

発熱で電話した上で受診しましたが電話対応から診察まで対応がすごくよかったです。 忙しいのに優しい対応ありがとうございました。

引用元:Google公式HP:https://www.google.com/maps/reviews/@34.682176,135.5673465,17z/data=!3m1!4b1!4m6!14m5!1m4!2m3!1sChdDSUhNMG9nS0VJQ0FnSURtanVMdG53RRAB!2m1!1s0x0:0xce6caf3498486e78?hl=ja

いわさきクリニックの院長の紹介

院長 岩﨑 弘登
岩﨑 弘登院長の経歴
  • 1999年 川崎医科大学医学部 卒業>
  • 1999年 岡山大学医学部付属病院 心臓血管外科
  • 1999年 土肥病院
  • 2000年 社会保険広島市民病院
  • 2001年 国立病院岡山医療センター
  • 2002年 大阪市立医学部附属病院 第2外科
  • 2007年 東宝塚さとう病院 医長
  • 2010年 石切生喜病院 医長
  • 2012年 医療法人誠修会猿丸クリニック
岩﨑 弘登院長の資格
  • 心臓血管外科専門医認定機構 日本心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • アジア心臓血管胸部外科学会 国際会員
  • 心臓血管外科専門医認定機構 日本心臓血管外科専門医 認定機構 修練指導者
  • 日本外科学会 専門医 ほか

いわさきクリニックの概要

クリニック名 医療法人弘和会 いわさきクリニック
所在地 大阪府東大阪市森河内東1-28-14
URL https://iwasakiclinic.net/
電話番号 06-6782-3132
営業時間 平日9:00~12:00/14:00~17:00/17:00~20:00、土曜9:00~12:00
定休日 日・祝日