圧迫療法(弾性ソックス)

下肢静脈瘤の保存的治療である圧迫療法(弾性ソックス・弾性ストッキング)について調べました。

目 次

下肢静脈瘤の圧迫療法とは

下肢静脈瘤の治療には保存的治療と手術治療があり、保存的治療は運動やマッサージなどの生活習慣の改善や、圧迫療法で症状を改善したり、進行を予防する治療法です。

医療用弾性ストッキングや弾性ソックスは、伸縮性があり圧迫圧によって血流を助ける作用を持ったもの。足全体を圧迫して、静脈の還流をサポートして血液の循環をスムーズにします。

薬局などでも購入できますが、高い効果を得るためには病院やクリニックで医師の診断を受けたうえで、症状にあった的確なサイズと圧迫圧の弾性ストッキングを着用することが必要です。

自分で選んで使用すると、かえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。また、弾性ストッキングは足がだるかったりむくんだり、こむら返りが起きる場合にも有効です。

弾性ストッキングと市販ストッキングの違い

医療用弾性ストッキングは、市販のサポートタイプストッキングと比べると、高い圧迫圧、安定した圧迫圧ができる特別な編み方になっています。

医療用の弾性ストッキングは静脈血を流れやすくするために、足首の圧迫圧が一番強く、太ももに向かって圧迫圧が弱くなるような段階的圧になっています。

クリニックによっては日本静脈学会総会で認められた、弾性ストッキングの正しい使用法を熟知し、患者さんの疑問などに答えられる弾性ストッキングコンダクターがいる場合も。

サイズ選定や取り扱い方法、その他の疑問があったらぜひ質問してみてください。

運動やマッサージなどと組み合わせる

下肢静脈瘤は、長時間立っていると病状が悪化するといわれています。なるべく歩き回ったり、1時間に1回程度は座ったりするようにしましょう。

長時間座ったままでいるのもよくないので、足首を動かしたり足を高くあげるようにしてください。入浴時のマッサージや、足を高くして寝るのも効果的ですよ。

医療用弾性ストッキングの履き方

医療用弾性ストッキングは、通常のストッキングに比べて圧迫圧が非常に強いです。そのため、履き方を少し工夫する必要があります。

届いたその日にすぐ着用できるように、医療用弾性ストッキングをスムーズに履くための方法を紹介しましょう。

かかとの部分をつまんで裏返す

ストッキング履き方1
引用元HP:株式会社メディックス
https://medicks.jp/howto

医療用弾性ストッキングの中に手を入れたら、かかとの部分をつまんだ状態で裏返しにします。

かかとから太ももまでの部分を、折り返すようなイメージです。

かかとのところまで履く

ストッキング履き方2
引用元HP:株式会社メディックス
https://medicks.jp/howto

次に、かかと側からつま先を入れてかかとのところまでストッキングを履きます。

しわや重なりができていないか確認する

ストッキング履き方3
引用元HP:株式会社メディックス
https://medicks.jp/howto

足首までストッキングを引き上げて、しわや重なりができていないことを確認します。

最後までゆっくり引き上げる

ストッキング履き方4
引用元HP:株式会社メディックス
https://medicks.jp/howto

しわや重なりができていないことを確認したら、最後までゆっくり引き上げましょう。

規定の長さまで引き上げれば装着完了です。しわのできやすい部位(足首やひざの裏側など)にしわができていないことを確認してください。

医療用弾性ストッキングの履き方まとめ

医療用弾性ストッキングはつま先からゆっくり履くようにしましょう。

また、無理に引き上げたり、爪が引っかかったりしてしまうと生地を傷める原因に。そうなると、新品に交換しなければならなくなるため、十分に注意してください。

圧迫療法に適した下肢静脈瘤の種類と治療費

圧迫療法(弾性ソックス)に適しているのは、軽傷の下肢静脈瘤または手術後の再発予防で、治療費の目安は3,000~5,000円です。

弾性ストッキングを使った保存療法は、下肢静脈瘤の静脈機能を改善させるのに有効です。

すでに下肢静脈瘤になっている方はもちろんのこと、立ち仕事が多い健常者の下肢静脈瘤予防にも効果的です。

一次性下肢静脈瘤の治療に弾性ストッキングの役割は重要である.軽症の場合には手術をせずに弾性ストッキング着用のみで治療を行うこともできる.また,手術や硬化療法を行うときにも,施行後に弾性ストッキングを着用するのが一般的である。

下肢静脈瘤を圧迫療法したときの効果

下肢静脈瘤患者の場合、下肢の静脈圧が上昇しています。この静脈圧の上昇を改善するのが弾性ストッキングの主な目的です。

弾性ストッキングによる治療の効果は以下のように報告されています。

本邦における静脈疾患に関する Survey IX(2006 年)では,静脈うっ滞性潰瘍患者の 70%が弾性ストッキ ングによる治療を受けており6) ,本邦においても静脈 うっ滞性潰瘍の重要な医療材料となっていることが知 れる.静脈性潰瘍では手術の有無にかかわらず弾性ス トッキングの着用が重要であり,圧迫療法単独と手術 療法併用を比較しても,6 カ月後の潰瘍治癒率が同等 であるとの報告がある7) など,圧迫療法の重要性が示されている.

下肢静脈瘤の圧迫療法のメリットとデメリット

弾性がかなりあるため着用するのが少し大変ですが、低価格で日常生活の中でセルフケアができるのがメリットで、保険適応外かつ、夏場は蒸れて暑いデメリットがあります。

弾性ストッキングを着用しても、根本的な原因である血管の治療ができるわけではないので、完治することはありません。

あくまで下肢静脈瘤の予防と進行防止、術後の再発防止などのために用いられる方法と覚えておきましょう。

圧迫療法に対応する大阪のクリニック

梅田血管外科クリニック

カテーテル治療や硬化療法、ストリッピング治療に加えて弾性ストッキングによる治療を行っている梅田血管外科クリニック。

弾性ストッキングは、患者の足に合わせて適度な圧力を加えられるよう、正しい着用方法と、症状にあった弾性ストッキングを選ぶ必要があります。

万が一、きちんとした弾性ストッキングが選べていなかったり、正しい着用ができていなかったりする場合にはトラブルがあることも指摘しています。

そのため、梅田血管外科クリニックでは、着用期間や方法・適した弾性ストッキングについて、医師と弾性ストッキングコンダクターがカウンセリング・アドバイスします。

最初は毎日履くのは難しい弾性ストッキングですが、どうやったらうまく履けるかなどの相談も気軽にできますので、相談してみるといいでしょう。

梅田血管外科クリニックの口コミ評判

母がお世話になっています。手術を受けた後、帰宅したタイミングで先生から「その後いかがですか?」とお電話までいただき、とても感謝しています。

親切な先生、スタッフの皆様と出会えてよかったです。

梅田血管外科クリニックの
口コミ評判を詳しく見る

梅田血管外科クリニックの基本情報

  • 診療時間: 月水金土9:00~17:00(水曜は12時まで、月・火・金・土曜の9:00~12:00は手術)
  • 休診日 :木・日・祝日
  • 所在地:大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル5階
  • アクセス:北新地駅 徒歩4分/谷町線 東梅田駅 徒歩5分
  • 電話番号:06-6232-8601

坂田血管外科クリニック

看護師全員が弾性ストッキングコンダクターとしての講習を受講している坂田血管外科クリニック。弾性ストッキングコンダクターの資格保有者も複数名在籍しています。

下肢静脈瘤の専門クリニックとして、2009年の開院以来、海外から下肢静脈瘤の手術を受けに来院する人もいるそうです。

また、他の病院からも「坂田血管外科クリニック」を紹介されることが多く、その点でも下肢静脈瘤の専門クリニックとしての評判の高さが伺えます。

坂田血管外科クリニックの口コミ評判

足の血管が目立つようになって受診しました。老化現象と言われてショックを受けましたが、まだ手術の治療を受けるまでではないと丁寧にアドバイスしていただけました。

弾性ストッキングを院内でも売られていましたので、購入して履くようにしています。

坂田血管外科クリニックの
口コミ評判を詳しく見る

坂田血管外科クリニックの基本情報

  • 診療時間:月火水金土…14:00~18:00
  • 休診日:木・日・祝日
  • 所在地:大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3階
  • アクセス:地下鉄堺筋線 北浜駅 徒歩1分
  • 電話番号:06-6121-2368

ラジオロジークリニック扇町

弾性ストッキングコンダクター認定看護師も在籍しているラジオロジークリニック扇町。医師はもちろんのこと、専門スタッフに弾性ストッキングによる治療をしてもらえます。

下肢静脈瘤の治療としては、弾性ストッキング以外にも、血管内レーザー治療や硬化療法、ストリッピング手術などがあります。

同クリニックでは、医療用ストッキング(弾性ストッキング)による治療は症状の進行抑制や再発防止には有効なものの、下肢静脈瘤の根治はできないという見解を示しています。

ラジオロジークリニック扇町の口コミ評判

スタッフの皆様、先生にとても親切に治療していただきました。足が今までむくんでいたのだと、治療を受けて実感しました。

手術後も、弾性ストッキングの履き方など丁寧に教えてくださりありがとうございました。

ラジオロジークリニック扇町の
口コミ評判を詳しく見る

ラジオロジークリニック扇町の基本情報

  • 診療時間:月火水木金…9:00~19:00/土日…9:00~17:00
  • 休診日:木・日・祝日
  • 所在地:大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル(扇町メディックスモール)2F
  • アクセス:梅田駅 徒歩15分/谷町線 東梅田駅 徒歩4分/扇町駅 徒歩5分
  • 電話番号:06-6311-7500
Topic
下肢静脈瘤の専門医が在籍する
大阪のクリニックを治療数で比較

大阪で日本脈管学会の脈管専門医かつ、血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会の血管内レーザー焼灼術実施医・指導医が在籍するクリニックのうち、対応できる治療の種類が豊富な3院を厳選しました。

梅田血管外科
クリニック
梅田血管外科クリニック
引用元HP:梅田血管外科クリニック
https://www.umeda-vvc.com/
対応できる
治療法
6/7種類
グルー治療
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6232-8601

坂田血管外科
クリニック
坂田血管外科クリニック
引用元HP:坂田血管外科クリニック
https://sakataclinic.com/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
高周波治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法

tel 06-6121-2368

ラジオロジー
クリニック扇町
ラジオロジークリニック扇町
引用元HP:ラジオロジークリニック扇町
http://radio-gazo.jp/
対応できる
治療法
5/7種類
レーザー
治療
ストリッピング
手術
硬化療法
圧迫療法
高位結紮術

tel 06-6311-7500

下肢静脈瘤治療の期間:治療法によって異なるため、クリニックにお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療の費用:治療方法や自由診療および保険診療などで変わってくるため、クリニックに直接ご相談ください。
下肢静脈瘤治療のリスク:しびれなどの「神経障害」や、皮膚熱傷や深部静脈血栓症が発生する可能性もあります。それ以外にも、治療方法により異なったリスクや副作用が生じるおそれがありますので、クリニックの担当医師にしっかり確認をしたうえで、治療を受けることを推奨します。
また、当サイトでは、「下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会(旧:下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会)」の実施医または指導医と認定されている医師のことを下肢静脈瘤の専門医と定義しています。